スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google対策について(pagelank)

今回はGoogle対策について少し記したいと思います。

Google対策といえば、何と言ってもPageRankです。

「PageRankの高いページからバックリンクを受ける」

これがGoogle対策の基本です。

例えばPageRank5のページからあなたのサイトトップにリンクを貰ったとします。この場合、あなたのサイトのトップページはPageRank4になることがほとんどです。

でも、あなたは自分のサイトをもうひとつ上のPageRank5にしたい。このように考えていることでしょう。
(違うって言わないでくださいね。話が前に進みませんから)

「だったら、PageRank6のサイトからリンクしてもらいなさい」

↑非常にシンプルでわかりやすい理屈です。事実、多くのコンサルタントがこのように応対されるそうです。

そんなこと、あなたは言われなくたってわかっています。そうでしょう?
あなたが知りたいのは、そんなことじゃないはずです。

そもそもPageRank6のサイトが一体どのくらい存在しているでしょう?
PageRank6のサイトが気軽に相互リンクなど受けてくれるのでしょうか?

もっと言うと、あなたが知りたいのは「他人のふんどし」でSEO対策を講じるのではなく、自力でSEO対策が可能な方法は無いか?ということなのではないでしょうか?

具体的に書いちゃいます。

「PageRank5をマークする6ページからリンクを受けてください。」
(6ページはそれぞれ別のドメインとします)

これで、あなたのサイトもPageRank5になります。

もっと書いちゃいましょう。

「PageRank4をマークする36ページからリンクを受けてください。」
(36ページはそれぞれ別のドメインとします)

これで、あなたのサイトはPageRank5です!

私はこれを「PageRankの6進法理論」と独自に名付けています。

6進法です。
バックリンクを6つ集めれば一桁上のステージへ上がれるんです。

何故6進法なのか?
これは私にもわかりません。
PageRank開発者のラリー・ページさんに聞いてみたいところです。

でもね、この6進法というモノサシを持っているかいないか。。
この2つの戦略には大きな違いがあります。

相互リンクという作業が何故辛いのでしょう?
答えは、指標がないからです。

闇雲に相互リンクをしても結果が伴わない。
どれだけの量をこなせばいいのだろう??

ついには心が折れちゃうんです。。

6進法というモノサシを所有していれば、自ずと計画が立てられます。
計画が立つということは計算が可能になります。

○○本相互リンクすれば、PageRankは○くらいになって・・・
現在10位の○○○というサイトよりも優位な立場になる。
となれば、順位も入れ替わり○○くらいのアクセスが望める。

このように計算できるわけです。
これが私が常々言っています「モノサシが必要」な理由です。

今日はPageRankの6進法というモノサシについて記しました。

引用URL
http://rblog-biz.japan.cnet.com/taikyokuka/2007/03/pagerank_761c.html
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。