スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Googleのホームページバブル崩壊

CNET Japanより転載


SEO経営
戦略的最適化への道
Googleのホームページバブル崩壊

Googleがホームページのインデックス作業を拒否し始めた。ホームページを作ればGoogleのクローラーがサーバーに追加してくれた「優しい時代」から、ホームページを作っても無視される厳しい時代へと変化して来ている。SEO対策が次の時代へ向かっている。

◆この1週間の動き◆
この数週間。Googleのロボットの動きが変だ。
Googleのサーバーに登録されていたホームページの蓄積が、どんどん減り始めている。Googleにインデックス(読み込まれ)されたホームページのURL数が減り、サイトの評価(PageRank)に大きな影響を与えるまでになっている。

また、この現象は全てのホームページで見られる。
つまり、Googleは何でもいいから、出来たホームページをロボットのクローラーが収得していた仕組みから、「選ばれたホームページだけ」を収得するようになり始めた現象と言える。Googleのホームページバブルの崩壊とも言える。

◆ブログとアフリエイトの影響がGoogleの価値観を変えた◆
更新頻度が高いブログ。このため、Googleのロボットは、このようなブログを無視できない。つまり、クローラーが必ず回る先として認知してしまっている。

ブログを書いている個人は、そのような事を意識して投稿しているわけではないが、その無意識さが、Googleを「大混乱」させている。個人のブログが想定の範囲外の増殖率を見せ始め、Googleのロボットが回る先が必ずブログになり、その結果、検索結果の表示順位がブログらけになっている。

また、個人がアフリエイト目的で「作為的」に、Googleのロボットを「強制的」に回させるような行為が一般化。さらに知恵がある人はSEO対策まで行い、Googleのロボットが悲鳴を上げている。

◆SEO業者の「悪意」がGoogleを大人にさせた◆
「Googleのロボットを騙すなんて簡単だよ」
確かに、その通りだ。だからこそ、SEO業者がいる。
権力がある人や財力がある人しか、Googleのロボットを騙す事ができなければ、Googleの表示結果は、大企業ばかりのホームページばかりである。

その結果、騙しやすいGoogleのロボットに対して、今までSEO業者は「左うちわ状態」。少しの努力さえすれば、簡単にGoogleのロボットを騙す事ができた。

このような態度にはGoogle側も流石に怒ったのであろう。
単純なメカニズムのSEO対策は、全て除外するように設定した。

◆リンクファームや相互リンクはダメ◆
PageRankが高いページからリンクが貼られる事はSEO対策上、とても有利になる。このため、PageRankが高いもの同士がお互いに貼り合う相互リンクという作業が一般化している。また、その発展系として、全く違う分野から「お客様」にお金を支払ってもらい、PageRankが高いページにリンクを貼ってもらい高評価を得るリンクファーム手法もある。

このような行為は、Googleのロボットを騙しやすい作業であるばかりか、健全な検索表示順位を著しく阻害する行為であり、スパムとも呼ばれている。しかし、この「規定ルール」の反則技は、正解ラインが難しい。

しかし、今回、Googleは、この「微妙なライン」を切った!!

単なる相互リンクページや単なるリンクファームをバッサリと、ロボットのインデックスページから削除した。

◆ホームページバブルから残る本物のホームページの時代へ◆
では跡に残ったホームページはどのようなホームページなのか?
それこそが、Googleが求める本物のホームページである。

そう!Googleが次の段階に入った事を意味する。
内容が無いホームページはバッサリ斬り、意味があるホームページや内容が濃いホームページだけをインデックス化する作業を、これからのロボットの方向性として確立させようとしているのである。

あなたのホームページは、次世代のGoogle戦略に対応したホームページでしたか?

※この見解は私個人が感じたSEO調査です。Googleから正式に発表されたものではありません。

★気になる記事がありました。

「"Googlebomb"をやっつけろ!」- アルゴリズム改善で対抗するGoogle

★その他
スパムに近い認定を受けたのが「yomiサーチ」
yomiサーチとは、相互リンクのCGIで、簡単に相互リンクサイトを構築できる優れたソフトである。しかし、そのSEO効果は絶大で、PageRank「5」を獲得できる。また、SEO業者が独自ドメインを購入して、yomiサイトを構築し、スポンサーを募り、不当にSEO効果を上げていた現実がある。このようなサイトをスパム認定サイトにした可能性がある。

それに加えて、大きな激震が走った。
「エロサイトが全滅した」
独身である私はエロサイト愛好者。
一応、調べて見ると!!
インデックス数「0」である。全てが一斉にスパムサイトと認定。
エロサイト特有の「わけわからん相互リンク」がスパムに認定され、絶滅した。

なかには、自らのサイトのページが数ページ残っているだけであり、外部リンクはほぼ無い。これは、いかにエロサイトが、スレスレのSEO外部リンク対策をしていかが見れる。

週明けから、エロサイトのネット業者は、大きなSEO経営の転換を求めれられるであろう。悪くすれば、共にスパムサイトと認定されるため、誰も相互リンクをしない現実がある。
厳しい現実がある。

●ブロガー紹介
角田和司(つのだかずし)、34歳、川越市在中、
有限会社スリーズコム勤務。販売促進グッズ扇子のネット販売をしています。

●私の本棚「角田和司のオススメ本
日頃読んでいる本をご紹介します。

●現在、展開中のブログ
web2.0(アメーバブログ)

●今日のYouTube

※このエントリは CNET Japan 読者ブロガーにより投稿されたものです。シーネットネットワークスジャパン および CNET Japan 編集部の見解・意向を示すものではありません


CNET Japan
http://rblog-biz.japan.cnet.com/seomanage/2007/01/google_48b5.html
スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。