スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アイレップ、モバイルSEOサービスにおけるmediba社との業務提携のお知らせ

News2u.netより転載

アイレップ、モバイルSEOサービスにおけるmediba社との業務提携のお知らせ

株式会社アイレップ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:高山雅行、証券コード:2132、以下アイレップ)は、モバイルSEOサービスにおいて、株式会社mediba(本社:東京都港区、代表取締役社長:小林義明、以下mediba)との業務提携に合意しました。


【提携の背景】
昨年7月、KDDI株式会社のモバイルインターネットサービス「EZweb」にGoogle検索エンジンが導入され、携帯電話キャリアと検索エンジンとの提携が進み、情報を探す手段として「モバイル検索」が、現在急速に定着しつつあります。

このようなモバイル検索市場の急成長を鑑みて、アイレップでは昨年12月にモバイルにおけるリスティング広告、SEO(検索エンジン最適化)、LPO(ランディングページ最適化)、Web解析をワンストップでご提供する「モバイルSEM」ソリューションの提供を開始しておりました。

【提携内容】
今回の業務提携は、medibaが提供するモバイルSEOサービスの技術面において、アイレップが支援・協力を行うものです。

mediba は、KDDI株式会社の51%出資を受ける(2007年1月15日現在)子会社で、KDDI株式会社のモバイルインターネットサービス「EZweb」におけるポータルサイト「WINポータル」の編成・企画、コンテンツ制作、および広告企画・配信までをトータルに手がけるモバイルメディア企業として、多くのモバイルキャリア公式コンテンツプロバイダーを含む幅広い顧客基盤を有しております。

モバイルマーケティング市場における顧客基盤やノウハウを持つmedibaと、SEMの技術・ノウハウを蓄積するアイレップとが提携することで、両社の効果的な事業シナジーが生まれるものと考えています。

【業績に与える影響】
本件が当社業績に与える影響については、現時点では軽微であります。

以上

■株式会社mediba について
株式会社mediba は、KDDI株式会社のモバイルインターネットサービス「EZweb」におけるポータルサイト「WINポータル」の編成・企画、コンテンツ制作、および広告企画・配信までをトータルに手がけるモバイルメディア企業です。

企業サイト
http://www.mediba.jp/

■株式会社アイレップ について
アイレップは「SEMインテグレーター(R)」として、検索連動型広告、SEO、Web解析、LPO(ランディングページ最適化)まで、SEMサービスをワンストップでご提供しております。日本最先端のSEM(サーチエンジンマーケティング)のノウハウ・情報を有するアイレップでは、今後も有益な最新情報を継続的に提供して参ります。

アイレップのSEMサービスサイト
http://www.sem-irep.jp/

株式会社アイレップ 概要
オーバーチュア推奨認定代理店/グーグル正規代理店
<所在地>東京都渋谷区渋谷2丁目1番1号 青山東急ビル7F
<代表者>高山雅行
<設立>1997年11月
<資本金>5億1,364万円(2006年11月現在)
<事業内容>
検索エンジンマーケティング事業( http://www.sem-irep.jp/ )
SEOサービス、検索連動型広告、Web解析、LPOサービス
インターネット広告代理業
バナー広告、メール広告、モバイル広告、コンテンツ連動型広告等
シニアマーケティング事業( http://www.i-care.jp/ )
有料老人ホーム紹介、介護業界特化型人材紹介サービス等

本件内容・記事転載・引用等に関するお問い合わせ先
株式会社アイレップ
TEL:03-5464-3281 FAX:03-5464-3291

報道関係お問い合わせ先
広報担当 毛利
E-MAIL: pr@irep.co.jp

サービス内容に関するお問い合わせ先
サービス担当 紺野
E-MAIL: contact@irep.co.jp
※本広報資料の転送/引用は、ご自由にご利用下さい。

関連URL:http://www.irep.co.jp/press/release/2007/0115-1128.html


News2u.net
http://www.news2u.net/NRR200715243.html
スポンサーサイト

theme : 気になるニュース
genre : ニュース

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。