スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土日も休まず更新することによる検索エンジン対策

http://japan.cnet.com/blog/jweb-seo/2008/04/05/entry_27000253/より転記


どのサイトにも言えることですが、会社でインターネットを利用している方が多いため、土日祝日のアクセス数は平日よりも少なくなります。
土日は競合サイトが少ない

ビジネスブログは土日は更新されないことがほとんどです。個人ブログでも土日も含め毎日更新しているサイトはすくないです。

更新されないサイトやブログが多いということは、競合するサイトが少ないということです。

閲覧者の絶対数が少ないことは事実ですが、ビッグサイトが競合となるキーワードでSEO対策しているサイトにとっては、土日祝日がある意味チャンスとなります。

土日に記事を作成しても検索エンジンにインデックスされるのが、平日になってからというのでは、あまりチャンス効果は見込めません。基本的なことですが、検索エンジンのインデックスを早めるために下記を実施しましょう。

* WPやMTなどのCMSブログの利用
* 既にインデックスされているページからリンクを張る
* ソーシャルブックマークの利用
* 更新頻度を上げる

はてなを除くソーシャルブックマークについては、nofollow属性がついているためSEO効果は無いのですが、ソーシャルブックマーク経由でアクセスしてくれた方が、自ブログで紹介ししれくれることによりインデックスされるという可能性はあります。
検索エンジンは年中無休

ふつうは閲覧者が少ない日は、更新も休みたいと思うところですが、検索エンジンは常に私たちのサイトを監視しています。検索エンジンに更新頻度が高いサイトであることを認識させ、インデックスをより早めるためには、日ごろの更新頻度も重要な要素となってきます。

毎日更新されているサイトと、年に数回しか更新されないサイトとでは、インデックスの早さも異なってきます。

土日に休みためには平日のうちから記事を作成しておき土日にアップするか、無料ブログの場合には投稿日時を指定できる機能を備えたものもあります。

日ごろ記事を早く書くためにはネタ帳も役に立ちます。ネットサーフして気になる記事をブックマークしておいたり、気になるキーワードをメモ帳にでも保存しておけば、効率よく更新することができると思います。

年末年始やゴールデンウィーク、お盆なども通常のサイト更新は止まります。他サイトとの差別化を図る意味でも、みんなが休んでいるときにこそ更新すべきなのです。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。