スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魅惑のアクセスログ解析

http://blogs.itmedia.co.jp/ebice/2007/12/post_1fe4.html?ref=rssall から転記


商材はアクセス解析ツールの「Site Tracker 8(サイト・トラッカー8)」。サイトを訪問されるお客さまの動きを、詳細に解析できるツールです。

特に最近、広告代理店、サイト制作会社、コンサルティング会社からのお問合せが増えています。企業や官公庁のWEBサイトの制作に携わっている方々はたくさんいらっしゃるでしょうが、そういう方々に実に役に立つツールなのでしょう。

昨今、WEB サイトの進化は留まることなく、日々果てしなく多様化しています。ここ数年サイト制作のキーワードは「デザイン面重視」から「SEO/SEMによる集客力アップ」に移ってきました。しかし企業のWEB担当者の要求はさらに高まってきており、「見映えのいいサイトもできた。SEOも効果的に機能し、集客も増えてきた。では次の一手は?」というフェーズに来ています。クライアントの要求が高まれば、当然それに応える制作サイドには、より高度な提案力が要求されます。少し前までは「レポートサービス」と言ってもアクセス数、PV数の推移を折れ線グラフで表現する程度で許されていましたが、今やそのレベルではクライアントは満足しないのです。

コンバージョン率(そのサイトの目的、つまりECサイトであれば売上高だったり、資料ダウンロード数だったりを表す指標)を上げる為には、さまざまな施策が必要ですが、その施策のガイドラインの為には「アクセスログ解析」は必須と言えるでしょう。

例えばSEO の施策として、バナー広告展開や、クリック課金広告展開などは、どの企業も当たり前に行っていますが、どのバナー広告から流入者のコンバージョン率が高いのか、それぞれのキーワードによる訪問者は実際、サイト内をどのように遷移しているのか、などが簡単に解析でき、より効果的な広告予算配分計画を立てることもできます。

クライアントの経営陣向け、マーケティングセクション向け、営業セクション向けにはそれぞれ異なる視点のレポートが求められますし、サイトのコンバージョンを上げる為、リニューアルの為にも解析の視点は違います。

「Site Tracker 8」は、50種類の基本レポートフォーマットを持ち、カスタムレポート機能も豊富です。また設定により、関係各所へのメール送信機能も備えています。

また他の競合ツールに比べ、圧倒的な優位点として「カスタムレポートの構築が簡単にでき、新しいレポートによる会席が過去に遡ってできる」という点が挙げられます。

つまりクライアントの要望や、リニューアル提案の組立て方によって、新たな視点のレポートの提出が求められるとしましょう。「Site Tracker 8」では、レポートのカスタマイズも簡単にできますし、何より新視点のレポートで過去のログデータを解析し、現在の状況と期間比較をするようなこともできます。

専門的にはログ解析ツールは、サーバログ型とWEBビーコン型に分けられます。「Site Tracker 8」はこの両方の解析方法を単独、併用した解析が可能です。そのことにより、前記のような他の競合製品にはない「離れ業」が可能なのです。

制作会社さんやコンサルティング会社さんも、「Site Tracker 8」によるレポートメニューや、コンサルティングメニューを充実させ、よりクライアントさんに対して有用なご提案をしていただけると嬉しいですね。

【関連サイト】

株式会社アスキーソリューションズ

  Site Tracker 8

  ECサイト構築ソリューション
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。