スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キーワード出現率とは~検索上位サイトのページに「キーワード」はどのくらい含まれるのか?

http://markezine.jp/a/article/aid/2192.aspx より転記

キーワード出現率とは

 あなたの運営するWEBサイトが、結婚式場に関する情報サイトだとすれば、そのページに「結婚」「結婚式場」というキーワードが一度も出てこない…ということはまずあり得ないでしょう。

 検索エンジンも人間と同じように、サイト内のタイトル、本文に含まれた文字情報を読み、テーマを理解した上で、その評価を決定しています。ページ内にそのテーマに関する単語を適切な回数含めることは、上位表示以前の基本的なSEO対策といえます。

 「キーワード出現率」とは、あなたが上位表示させたいキーワードが、そのページ内の全ての単語中、何パーセント含まれているのかを表す数値です。そのページのテーマを表すキーワードは、ページ内の全単語中、最も多く繰り返し使用されているケースがほとんどです。


「キーワード出現率」はSEOにどれだけ有効なのか?


ページ内のキーワード率を調整することで、どれだけの上位表示効果があるのでしょうか?
 これは、元々のページが既にどれだけ最適であったかによりますが、元々SEOについて何も意識されずに作成されたサイトの場合、キーワード率の調整だけで大きく順位が上昇するケースも少なくはありません。

 ただし、ページ内に、テーマを表すキーワードが相当数含まれていることはいわば当然であり、この対策は、あくまでページが検索エンジンに“適正に”評価される状態にもっていく行為に過ぎません。

 では実際に、上位サイトのキーワード率の処置状態はどうなっているのでしょうか?

 多くのページが、総単語数 500~1000語で、キーワード率 2~5%あたりに集中しています。上位サイトと下位サイトに大きな差異が見出せない点から、決して上位表示の決定的要素では無い事がわかりますが、キーワード率をこの範囲から激しく逸脱させるメリットが無いこともまた明白です。

 結論として、厳密な調整の必要はありませんが、テーマとなるキーワードをページ内に一定数含めておくことは、やはりSEO対策上必須といえるでしょう。

調査対象
≪調査対象キーワード≫
SEO(177,235)
映画(697,144)
靴(104,872)
転職(535,467)
エステ(149,411)
結婚(128,187)
ダイエット(634,748)
アイドル(549,895)
ラーメン(134,127)
資格(467,800)
雑貨(118,344)
自動車(1,948,277)
占い(1,463,800)
旅行(328,308)
金融(486,390)
不動産(399,294)
ニュース(261,536)
インテリア(122,226)
グルメ(202,106)
素材(141,419)
レシピ(434,109)
ゲーム(924,336)
動画(666,538)
病院(449,495)
壁紙(721,763)
サッカー(727,655)
沖縄(332,403)
ブログ(682,858)
携帯(190,228)
株(219,991)

まとめ
「キーワード出現率」は、決して上位表示の決定的要素では無いが、テーマとなるキーワードをページ内に一定数含ませることは、SEO対策の一つである。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。