スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャスダック平均が4日ぶり反落=時価総額上位銘柄への買いは継続

http://www.kabushiki.co.jp/market/kshp029-02.jspx?digestId=0001155A56EBFC3FCC29135D75CD083F より転記

 ジャスダック平均は4日ぶりに小反落。時価総額上位銘柄には底打ち期待を背景とした買いが先行するものの、利益確定売りが上値を抑える展開。新興3市場の売買代金は9月27日をピークに小幅ながら減少傾向にある。日本一S、AQIなどゲーム関連が選別的に物色されているほか、電池材料増産観測の浮上した田中化研が高値を更新。
 マザーズ指数は4月26日から5月7日にかけて記録して以来、07年2回目の5日続伸。SEOコンサルティングのフルスピード、投資用マンション開発のディアライフといった直近上場株など、値動きの軽い銘柄中心の物色が継続。廉価版パソコンソフトのソースネクストなど売り込まれていた銘柄の下値を拾う動きも活発化している。

[ 株式新聞ダイジェスト ]
提供:株式新聞社
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。