スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックリンクの質って何だ?

http://rblog-biz.japan.cnet.com/taikyokuka/2007/09/post_9278.html より転記

猫も杓子もSEOの時代。。

最近ではインターネットに従事する人間のあいだでSEOという言葉を知らないものはいないくらいと言って良いでしょう。

こうなると「にわかSEO職人」「なんちゃってSEO企業」が後をたたずに出現します。

で、彼らは何処で聞きかじってきたのか同じように口を揃えて言うんですね。

 「これからのSEOでは数に頼るバックリンクはNGです。
  リンクの質が重要なんです。
  当社にお任せいただければ質の良いリンクをご提供できますよ。」

みんながみんな、このように言うものだから、耳にするほうもその気になってくる。

「バックリンクの質が良くないとマズイらしいんですが、ウチのサイトのバックリンクは大丈夫なんでしょうか?」

筆者のもとにも顧客からこのような相談がひっきりなしに届くようになりました。
中には顔面美白、いや蒼白になって駆け込んでくる顧客もいます。
いったい誰が一番最初に言い出したのでしょうかね?

バックリンクの質ですか?

そんなもん良いに越したことはないです。
考えるまでも無いことです。

ですが「質」って何ですか?

私が想像するにリンク元のサイトの質ってことになるんでしょうね。

それはヤフカテ登録サイトってことでしょうか?
それともPageRankの高いサイトってことでしょうか?

どちらも重要です。

で、ここからが重要なんですけど、、
ヤフカテ登録サイトでもなければPageRankはゼロ、もしくは非表示のサイト。しかも昨日今日作成されたばかりのサイトからリンクを受けると検索エンジンからマイナス評価を受ける?

あり得ません。

逆に言うと、ヤフカテ登録サイトやPageRankの高いサイトからのリンクしか存在しないサイト。
こちらの方が余程不自然で、ヤバイです。

さて、次に良く聞かれるのが
「リンク元のサイトのテーマジャンルを揃えたほうが良い?」ということです。

結論から書きます。
揃うならそろえればいいし、揃わないなら無理に揃える必要はありません。
あまり神経質に考えないほうが良いです。

どうも多くの方は近視眼的にしかSEOというものを捉えられないようです。
このブログのタイトルではないですが、SEOは大局的に見ないと危険です。

SEOを対策しているつもりが傍から見れば「スパムまっしぐら」なんてことも冗談ではなく巷に多発しています。
聞きかじったばかりの目の前のものしか見えていないんですね。

これではいけない、私がレーシック手術してさしあげましょう!
まぁちょっとしたSEOマッサージだと思ってください。
SEOだからといって肩肘張らないことです。

例えばYAHOO!のようなポータルサイトを作成した場合、一体、どのようなテーマのサイトからのバックリンクがふさわしいと考えますか?

同じテーマジャンルサイトからのリンクが良いとされるのは「ライバルサイトからの推薦」と見做されるからだと理屈付けられています。

筆者はこの理屈は面白いと思いますが、正しいとは思っていません。

この同じテーマジャンルサイトからのリンクが何を理由に良しとされているのか?次回の記事の主題にしたいと思います。
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。