スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リニューアルで損をしないための SEO 基礎知識

http://japan.internet.com/column/busnews/20070712/6.htmlより転記


Web サイトをリニューアルするにあたって、気をつけなければならない点がある。

それは、現実の商店を新装開店する時と同様に、リニューアル以前の常連客やサイトの認知・ブランドを新サイトにいかに引き継がせるかである。

例えば、現実の商店を新装開店する際、誰も知らない土地で誰も知らない状態から商売を再開するのでは、それまでの売り上げと雲泥の差が出るどころか、新装開店したことを誰にも知られずに店をたたむことになるかもしれない。

そのため、新装開店することを前々から常連客に告知したり、移転先の地図を示すことで、できる限り多くの顧客を新店舗へ誘導することが必要になるだろう。

このことを Web サイトに置き換えれば、ブックマークしてくれたユーザーや頻繁にサイトを訪れてくれるユーザーを、いかにリニューアル後のサイトに誘導するか。そして、サイトのポテンシャル、つまりは獲得したリンクや検索エンジンに認識され、検索結果に表示される状態をいかに維持するかということになるだろう。

では、Web サイトでリニューアルするケースを考えた場合、どのようなケースがあるだろうか。大きく分けると、以下の2通りのケースが考えられる。

・ URL を変更せずにデザイン変更だけをする場合
・ URL を変更してサイトを立ち上げる場合

前者においては URL が変わらないため、そのページがもっているポテンシャルには変化がない。ただし、あるキーワード、例えば「テレビ」について説明したページであれば、「テレビ」というキーワードがどれだけページと関連性が高いか、また、どれだけ周囲から「テレビ」のページとして紹介されているかによって、「テレビ」で検索された場合の表示順位は変化するだろう。

つまり、以前に比べてリニューアルしたページの方が「テレビ」というキーワードとの関連性が深まったと検索エンジンが評価してくれれば表示順位は向上するだろうし、反対の場合は、表示順位は下降する可能性がある。

一方、URL を変更してサイトを立ち上げた場合、リニューアルとは言いながら、新規にサイトを立ち上げるのと同様になる。ここできちんとした手を打たないと、新サイトはリニューアル前のサイトのポテンシャルを利用できないため、SEO でも大きな不利を受けることになるだろう。

なぜなら、URL を変更してサイトを立ち上げた場合には、あらためて検索エンジンにサイトを認識させるところから始めなければならないからだ。

最近では、各検索エンジンに対して共通のサイトマップファイルを知らせることもでき、認識までの時間は比較的短くなっている。しかし、検索エンジンにサイトを認識させた後の次のステップとして、検索エンジンから良質のコンテンツがあるサイトとして評価され、検索結果の上位に表示されるようになるためにはそれなりの時間がかかる。

この過程を考えると、実際に検索結果に表示され、アクセス数が増加し始めるまでにはおそらく2~3か月を要するだろう。それがビッグキーワードであるならば、より長い期間が必要になる。

では、URL を変更してしまうと、リニューアル前のサイトのポテンシャルは一切引き継げず、SEO もすべて1からやり直しになってしまうのだろうか。

結論から言ってしまえば、URL を変更した場合も、URL が変わらないリニューアルと同じ状況を作り出し、極力 SEO で不利を受けずに済む方法がある。そのための方法が、リダイレクトという手法である。

この方法を用いることの利点は、やり方次第ではリニューアル前のサイトのポテンシャルを引継ぐことができるだけでなく、リニューアル前のサイトに訪れたユーザーをそのままリニューアル後のサイトに誘導できることにある。

どこかのサイトを訪問した時、「このサイトは新しい URL へ移転しました。5秒後に自動的にジャンプします。」といった文章を見かけたことはないだろうか。あれがリダイレクトの一種である。

現実の世界で例えるなら、新装開店する前の店舗に足を踏み入れた途端、新しいお店の中に導かれたようなものだ。実際の商店でも、移転する時には事前に常連客に移転を知らせたり、移転前の店舗に移転先の地図を貼り出したりするように、Web における移転通知としてリダイレクトを使用しない手はないだろう。

では、リダイレクトにはどのような方法があるのか。どの方法を用いることが SEO 上有効的なのか。具体的なリダイレクトの手法については、次回あらためてご説明させていただきたい。

(執筆:コンサルティンググループ 吉川翼)

記事提供:(((SEM-ch))) 検索エンジンマーケティング情報チャンネル
スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。