スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テレビ通販のアフィリエイトが成長、PC業界は不調

http://internet.watch.impress.co.jp/cda/news/2007/04/17/15456.htmlより

リンクシェア・ジャパンは17日、2007年度の事業戦略について記者説明会を実施した。アフィリエイト市場の現状と今後、および同社の新サービスを発表した。

 リンクシェア・ジャパンの花崎茂晴代表取締役社長はまず、同社の現況について説明した。広告主は280サイト(うちモバイル50サイト)、アフィリエイトサイトは4月に20万サイトを突破したという。2006年4月から2007年3月の取り扱い総額は約773億円で、前年比23%増となった。

 「取り扱い総額は23%増えたものの、成長カーブは緩やかになった。その理由の1つとしては、流通額に大きな影響を与えるPC業界が不調だったことがある。それ以外の業界に関しては、アフィリエイト経由での流通額は順調に伸びている」(花崎代表)。

 アフィリエイトカテゴリの中で前年と比べ大きく成長した分野は、「テレビ通販」だった。優秀なECサイトやアフィリエイトサイトを表彰する「LinkShare Award」2006年度のECサイト大賞は、24時間テレビショッピングと連動した動画バナーを提供している「ショップチャンネル」で、新人賞は「ジャパネットたかた」だった。

 「アフィリエイトのリンクからサイトへアクセスし、通販番組の動画を見て、商品を購入するユーザーが多い。動画の訴求力はアフィリエイトとの親和性が高いと思う。また、テレビ通販業者はインターネットで新たな顧客を開拓したいようだ」(花崎代表)。

 また花崎代表は、アフィリエイトの広告主は、金融や保険などの「非物販系」と、総合通販やECサイトなどの「物販系」に分けられると説明する。非物販系は、消費者金融系広告の自粛や、アフィリエイトを掲載する媒体が限られることから、事業者間でリンクの張替え合戦が激化しているという。一方、物販系は、PC業界の不調はあるものの、安定成長にあるとした。



アフィリエイト市場の現状 報酬獲得サイトの構成比率。個人ブログの報酬が増加

 今後のアフィリエイト市場について花崎代表は、「テクニックやお金から“エンゲージメント(共感・共有)”が重要になってくる」と話す。アフィリエイトは、ただリンクを貼るだけでなく、アフィリエイターが効果的に商品の魅力を伝え、かつ商品自体が優れたものでなければいけない。そのため、企業はアフィリエイターに対し、自社製品をアピールするイベントなども実施しているという。

 新たなトレンドとしては、モバイルECアフィリエイトの成長を挙げた。リンクシェア携帯アフィリエイトの実績推移を見ると、この1年間でトラフィック(送客数)は約3倍、販売額約6倍に増加している。また、ECサイトがポイント流通量拡大のためにアフィリエイトを利用する事例が増えているという。ECサイトは、自社製品とかぶらない商品をアフィリエイトで紹介し、その報酬を原資にしてユーザーに多くポイントを付与している。

 今後、リンクシェア・ジャパンはアフィリエイター向けのツールやサービスを順次リリースする。まず、商品名や商品情報を入力するだけで、キーワードにマッチしたアフィリエイトリンクが取得できる「リンクシェア・ツールバー」を5月に提供する。さらに、提携ECサイトの商品情報を一括検索できるAPI「クロスオーバー・サーチ」も公開する予定だ。これらにより、リンクシェア・ジャパンは、アフィリエイトパートナーの利用率と提携率を高め、アフィリエイトパートナー1人当たりの平均成果額を10~20%程度向上させることを目指すという。


スポンサーサイト

comment

Secret

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。