スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロトコーポレーションとイトクロが業務提携

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000000882.htmlより転記

株式会社イトクロ(本社:東京都港区、代表取締役:伊藤弘和、黒岩剛史、以下、イトクロ)と株式会社プロトコーポレーション(本社:名古屋市中区 代表取締役社長:入川達三、以下、プロトコーポレーション)は、モバイル市場でのソリューション開発および販売において業務提携をしました。

今回の提携により、プロトコーポレーションの全国47拠点からなる業界有数の営業力とSEO等数々のソリューション分野で国内有数の実績と評価をもつイトクロの商品開発力を融合した質の高いモバイルソリューションサービスの提供が実現します。これにより、企業のモバイルを使ったより効果的なマーケティング活動の実施が可能となります。

第一弾として、すべてのプロモーション活動の受け皿であり、まだ普及の進みきっていないモバイルホームページ分野において、最新のモバイルSEO技術とサイト来訪後のユーザーアクションに忠実なユーザビリティを組み込んだモバイルホームページの提供を実施します。

なお、イトクロは、SEO分野において、国内トップクラスの実績です。WEBマーケティング全体での高い実績を元に急成長を遂げており、今年の4月からはシンガポールでの事業展開もスタートしています。

イトクロ代表取締役兼CEOの黒岩剛史は、「変動の激しいモバイル業界において、企業もモバイルマーケティングを実践する上で様々な課題に直面しています。この状況を解決できるのは、質の高いソリューションにあると考えています。今回のアライアンスでは、業界有数の営業力とノウハウをもつプロトコーポレーションとともに、モバイルSEO対策の施されたホームページの提供を皮切りに、今後はより幅広いクライアントのニーズに答えるべくプロトコーポレーションとの様々なソリューションの開発・販売も予定しています。これからもイトクロでは、質の高い成果報酬型SEOサービス『とにかくあがるくん』を含む総合的なマーケティングコンサルティングと新しいメディアの構築を通して、みなさまのお役にたてるサービスを積極的に展開してまいります。」と述べています。

【プロトコーポレーションの本件に関するお問い合わせ先】
株式会社プロトコーポレーション 東京支社
モバイル事業部 事業部長  古江 恵治
T E L : 03-5803-1800
F A X : 03-3812-5731

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社イトクロ コンサルティング事業部
担当 : 古本 和恵
T E L : 03-6230-1096
F A X : 03-6230-1097

【イトクロ会社概要】
会 社 名  株式会社イトクロ
設立年月    2006年3月
代 表   代表取締役 伊藤 弘和 黒岩 剛史
資 本 金  2,699万円
従業員数   40名(2008年3月現在)
主な事業内容
検索エンジンマーケティングをはじめとする集客コンサルティング事業およびメディア事業
スポンサーサイト

Yahoo!、Google、Live Search、百度のURL登録申請

http://ameblo.jp/ca-seo/entry-10116593659.htmlより転記

検索エンジンの検索結果に、自分のWEBサイトが表示されるためには、ロボットにサイトをクロールしてもらい、検索エンジンのデータベースに登録してもらう必要があります。
WEBサイト運営者は、sitemap.org が正式に大手検索エンジンに採用された今では、なかなかURL登録申請はしなくなったかもしれません。ただしGoogleは、ヘルプで「クロールを行うごとに新しいサイトをインデックスに追加/更新していますが、ここで URL を登録することをおすすめします。」と言っています。

そこで今回は、Yahoo!、Google、Live Search、百度のそれぞれの検索エンジンへ、URL登録申請を行う方法をまとめます。

各検索エンジンによってURL登録申請の条件は異なりますが、だいたいが登録に必要なのはホストのトップページだけです。例えばあるドメインの下にディレクトリを作って、その下のコンテンツは戦略からコンセプト、デザイン、サイト名など、全てホストのトップページと違う場合は必要ありません。ただし、ホストのトップページからリンクされている必要はありますのでご注意を。

Google サイトの登録
http://www.google.co.jp/addurl/?hl=ja&continue=/addurl
URL登録申請してGoogleのクローラーが来るのも早いですが、インデックスされるまでも早いです(何かしらの条件はあると思いますが)。

Yahoo! JAPAN 検索エンジン用ロボットの巡回先への推薦
http://submit.search.yahoo.co.jp/add/request
登録するにはYahoo IDでのログインが必要です。インデックスされるまでに約2~4週間とありますが、実際はもっと早いです。

Live Search URLの登録
http://search.msn.co.jp/docs/submit.aspx
インデックスされるまでの期間は、Yahooよりは早いです。

百度 検索全般について(サイト登録)
http://www.baidu.jp/search/url_submit.html
狙ったキーワードではなかなか順位は上がりませんが、インデックスされるまでの期間はYahooと同じくらいです。

Yahoo! SEARCH Submit Your Site
https://siteexplorer.search.yahoo.com/submit
米のYahoo!のID登録が必要です。Yahoo! JAPANもエンジンはYSTなので同じですが、参考までに。

最近公開した弊社のWEBサイトでは、Yahoo!、Google、Live Search各検索エンジンが公開しているウェブマスターツール(Google。Yahoo!はYahoo! Site Explorer、Live SearchはWebmaster Center)にアカウントを開き、sitemap.xmlを送信しました。これで問題なくYahoo!、Google、Live Searchのいづれのロボットもクロールしに来ています。
特にGoogleはウェブマスターツールからsitemap.xmlを送信すると、かなりの早さでクロールしに来ますし、ほぼ全てのURLを読み込み、インデックスが日に日に増えていっています。
それに比べ、Yahoo!の反応はかなり遅く、Live Search以下です。

こう書くと、sitemapでいいじゃん、ってことなんですが、なんらかの理由でウェブマスターツールを利用できないWEBサイトもあると思いますので、そんなサイトのオーナーは上記から登録してみてください。


MSN(Live Search)のSitemap登録方法
http://ameblo.jp/ca-seo/entry-10086674218.html

Yahoo!、Google、Live SearchがREPの共通仕様を発表
http://ameblo.jp/ca-seo/entry-10103741675.html
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。