スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内のアフィリエイト市場での位置づけを確固たるものに!

http://www.news2u.net/NRR200722242.html より転機

国内のアフィリエイト市場での位置づけを確固たるものに!
アクセストレードのオンラインゲーム登録タイトル数が100を突破
国内アフィリエイト広告提供会社中、取り扱い広告数No.1

株式会社インタースペース(所在地:東京都新宿区、代表取締役:河端伸一郎、マザーズ:2122)のアフィリエイトサービス「アクセストレード」では、オンラインゲームの登録タイトル数が100タイトルを突破致しました。この登録数は国内のアフィリエイト会社においてNo.1(当社調べ)の実績でございます。

◆アクセストレードが多くのオンラインゲームベンダーから支持される所以◆

アクセストレードでは2004年より同業他社に先駆けて、オンラインゲームの会員登録・ダウンロードを目的とするプログラムの取扱いを開始。掲載先のアフィリエイトパートナーも「オンラインゲーム」「無料ゲーム」等のワード・複合ワードで上位表示されるSEO媒体を中心に開拓を行い、現在も順調に取扱いプログラム数を増やしております。

オンラインゲーム関連ワードのSEO媒体は、個人運営の媒体が非常に多いのが特徴で、明確な広告メニューを持たない個人媒体へ、広告主のマーケティング・プロモーション部門が限られた人的リソースの中で個別にアプローチを行う事は大変難しい事でございます。
そういった個人サイトに対し、アクセストレードのパートナーセールス担当は連絡をとり、親和性の高いプロモーションとのマッチングを行う事によって、広告主の広告掲載の円滑化・アフィリエイトパートナーの利益効率向上を実現したのです。

現在では、オンラインゲーム業界の広告戦略において、メッセンジャーのポップアップウィンドウやポータルサイトにおける純粋広告での露出がブランディングを目的としているのに対し、アフィリエイト広告は会員登録促進の面で、最も費用対効果の高い実利を見込める広告手法として認知されております。
予算管理面でも細やかな調整が可能な事から、コストを抑えてシェアの伸長を狙う、拡大期のオンラインゲームベンダーのニーズにもマッチしていると言えます。

◆新たな展開◆

■広告主×アフィリエイトサイトのマッチングの効率化

(1)新たな、親和性の高いジャンルのパートナーの開拓

オンラインゲームの国内での認知度向上に伴い、オンラインゲーム系SEO媒体という「オンラインゲームを体験したい」というニーズが既に顕在化されたアフィリエイトパートナーの開拓にとどまらず、更に間口を広げた媒体のマッチングを行っております。

投稿動画・Flashゲームを集めたいわゆる「暇つぶし系」サイトのユーザなどはオンラインゲームに直接関連してはいないものの、オンラインゲームに興味を抱きやすいユーザが多く存在していると考えられます。
アクセストレードでは、エンターテイメント系のメガポータルやTVなどのマスメディアで取り上げられた有名診断サイトなどの開拓、オンラインゲーム広告の掲載も行っており、既に非常に大きな成果を上げております。

(2)オンラインゲームプログラムにおけるジャンル細分化

オンラインゲームプロモーションの取扱い数増加に伴い、よりアフィリエイターが自身の持つサイトの「色」や嗜好に即したタイトルを探しやすいようオンラインゲームのジャンルを9月中旬より、以下の通りに細分化致しました。

・RPG
・スポーツゲーム
・アクションゲーム
・ゲームポータル
・アバター
・カードゲーム(麻雀含む)
・その他オンラインゲーム

■ クリエイティブのリッチメディア化

新広告素材となる、フラッシュバナーも9月26日より正式導入されました。これによって、アフィリエイトサイト掲載後のクリック率アップも期待する事が可能です。

今後も、更にマーケティング視点で、オンラインゲームに親和性の高いユーザが存在するパートナーサイトの開拓を積極的に行ってまいります。

───────────────────────────────────
【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社インタースペース 広報・IRグループ 芦田・佐々木 
tel:03-6821-0711
mail:pr-info@interspace.ne.jp 

関連URL:http://www.accesstrade.net/
スポンサーサイト

プレスリリース「株式会社ディバータ」

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=17801&php_value_press_session=9c289e96eea7065df28911bfe2a11393  より転機

会社名/団体名
 株式会社ディバータ

カテゴリ
 情報・通信

プレスリリース配信日時
 2007年09月27日 02時

プレスリリースタイトル
 SaaS型の高性能CMS  『リレーショナル・コンテンツ・マネージメント・システム(RCMS)』 β2(ベータ2)版リリース

プレスリリース要約(全角150文字以内)
 株式会社ディバータ(本社:東京都新宿区、代表者:加藤 健太)は、コンテンツをメタデータ化し、相互に関連付けることで、情報の整理されたサイトを簡単に構築できる『リレーショナル・コンテンツ・マネージメント・システム(RCMS)』のβ2(ベータ2)版をリリースいたしました。

プレスリリース本文
 関係者各位
プレスリリース 2007年9月27日
株式会社ディバータ
===================================
SaaS型の高性能CMS
『リレーショナル・コンテンツ・マネージメント・システム(RCMS)』β2(ベータ2)版リリース
===================================

株式会社ディバータ(本社:東京都新宿区、代表者:加藤 健太)は、コンテンツをメタデータ化し、相互に関連付けることで、情報の整理されたサイトを簡単に構築できる『リレーショナル・コンテンツ・マネージメント・システム(RCMS)』のβ2(ベータ2)版をリリースいたしました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■RCMSの概要
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
コンテンツのデータベース化とそれらを相互に関連付けることが特徴のCMSで、デザインとコンテンツの管理を完全に分離させているため、デザイン変更を容易に行うことが可能となり、さらにSEO的にも優れた作りになっております。
また、ページ毎のアクセス権限の設定やコンテンツ毎の更新権限の設定などの機能も豊富に揃っているため、イントラネット・会員制サイトの運用も可能となります。
掲示板、アンケート、トラックバック、コメント機能、問い合わせ管理などのコミュニケーション機能も充実しているため、インタラクティブ性の高いサイト構築も行うことができます。
また、SaaSで提供されているので、モジュールの追加も随時行われ、機能修正や機能追加などが随時行われていきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■現在提供中コンテンツ・機能
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
【コンテンツ】
ブログ、記事、カレンダー、写真、メンバー、動画、カタログ、リンク、RSSリーダー、用語辞典、地図、ラグビー試合、アメフト試合、サッカー試合、野球試合、テニス試合、バスケットボール試合、ラクロス試合、大会、自由HTML、会社概要、採用情報、クラス、楽曲、ライブ情報、ヘルプ

【コミュニケーション】
掲示板、簡易メーリングリスト、簡易メルマガ、お問い合わせ、コメント、トラックバック、アンケート、課題管理、予約管理、ブログパーツ書き出し

【外部連携】※APIを利用した仮想コンテンツ
フォト蔵、ホットペッパー、ぐるなび

【その他の機能】
マイページ、アクセス統計、デザイン選択、CSS変更、テンプレート編集、モジュール配置、権限管理、更新履歴、足跡、メンバー登録方法設定、SEO
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■RCMSとWEB2.0とその今後
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
これまで、WEBページはWordのような文書での管理が一般的でした。一部の企業サイトでは、コンテンツをデータベース化して管理してきましたが、それには多額の費用と時間が必要でした。

RCMSはコンテンツ(例えば、スポーツ情報、日記など)をできるだけ一般的な形でデータベース化し、その入力画面を提供しています。これにより一つのコンテンツが保持するデータ量が飛躍的に増し、自動的にWEBページを作成したり、関連リンクを貼ることが可能となりました。

また、データベース化されたコンテンツは今後提供予定のAPIなどを利用して、他サイトのコンテンツとの連動や配信など様々な形での利用が可能となります。
外部で公開されているAPIを利用して、そこのコンテンツなどを取り込みRCMSでリミックスするということも可能です。

現在はスポーツ系を中心に200サイト、月間600万PVの規模まで拡大中です。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■利用料金
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
RCMS 無料 ファイル容量:100MB
RCMS pro 法人:初期費用\40,000/月額\10,000 ファイル容量:1GB
法人以外:初期費用\20,000/月額\5,000 ファイル容量:500MB
RCMS enterprise 専用サーバでの個別構築など 別途お問い合わせください
※価格は全て税抜価格となります。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
■サイト
―――――――――――――――――――――――――――――――――――
RCMSの詳しい説明、お申込みはこちら
http://www.r-cms.jp/

主な運用例)
早稲田大学ラグビー蹴球部公式サイト
http://www.wasedarugby.com/
=====================================================================
■株式会社ディバータ概要:
会社名 : 株式会社ディバータ
本社 : 〒162-0834 東京都新宿区市谷田町2-17 八重洲市谷ビル10F
代表者 : 加藤 健太
設立 : 2005年1月27日
資本金 : 2000万円
URL : http://www.diverta.co.jp/
――――――――――――――――――――――――――
■お問い合わせ
株式会社ディバータ 担当 : 伊東
お問合せフォーム : http://www.diverta.co.jp/inquiry_detail/id=1
E-Mail : info@diverta.co.jp

プレスリリース「株式会社ジャパンフレッシュ」

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=17626&php_value_press_session=7929ed0c07b4f54ee539764be209829c より転機

会社名/団体名
 株式会社ジャパンフレッシュ

カテゴリ
 その他

プレスリリース配信日時
 2007年09月25日 17時

プレスリリースタイトル
 速効SEOサービス!すぐに検索順位を上げたい方は必見!ヤフー、グーグルの最新アルゴリズムに完全対応。大変優良な100サイトのトップから格安で一方的なリンクがもらえます。

プレスリリース要約(全角150文字以内)
 最新のSEO対策では、優良なサイトからなるべく多くのリンクを受けることが最も重要です。『100円SEOリンク』では、大変優良な100サイトのトップページから一方的被リンクを受けられます。費用は月1万円のみ(年間契約の場合)。しかも期待以下だった場合の返金保証あり。注)残枠残り15枠まで。

プレスリリース本文
 SEOはサイトの内的な要素とリンクを受ける外的な要素の両方を満たす必要があります。内的な要素は自社だけの取り組みでできますが、外的要素は他社サイトの協力が必要で難しいものです。
しかも最近ではますます被リンク元の質が精査されてきており、これが順位の大変動をもたらしている大きな要因です。
被リンクを受けるサイトとして以下の条件が重要といえます。

*ヤフー登録サイト
*情報量、文字数の多い充実したサイト
*上位表示サイト
*トップページからの被リンク
*関連性のあるサイト

弊社『100円SEOリンク』では、情報量の多い優良サイト100のトップページから一方的な被リンクを受けられます。
しかもヤフーに絶大な効果のある、ヤフー登録サイトが最低2つ含まれます。
そして100サイトすべてが、情報量豊富な充実したサイトで、しかもヤフー10位以内多数!
これで費用は月1万円(消費税込・1年契約の場合)
注)枠に限りがあります(残15)のでご了承下さい。

また、9月30日までに年間契約をお申し込みの方に、御社サイトへの無料サイト診断と改善アドバイスをさせていただきます。

【返金保証サービス】
リンク完了後10日目に、御社サイトのヤフー被リンク元上位10位のうち4つ以上弊社サイトがない場合は、解約、全額返金をお受けいたします。(3つの場合はお受けします)

また、美容健康関連サイトのお客様には美容健康関連サイト100からの被リンクの同様のサービスがございますので、こちらをご利用ください。

「本件に関するお問い合わせ」
サイト;1)100円SEOリンク
   http://100.t100scs.com/ 
    2)100円リンク・美容健康版
   http://a2.jfcweb.com/
会社;(株)ジャパンフレシュ
担当;芳川
電話;0120-751731
メール;info@t100scs.com

[関連URL]
http://100.t100scs.com/
http://a2.jfcweb.com/

《関連URL》
http://100.t100scs.com/

RSSでSEOを向上させる7つのポイント

http://markezine.jp/a/article/aid/1788.aspx より転機


 RSSリーダーを標準実装するInternetExplorer7が登場したことでRSSフィードの購読者が増加、企業もコンテンツ提供のチャンネルとしてRSSフィードに注目するようになってきた。しかし、RSSフィードが SEOに及ぼす効果については、まだそれほど認識が進んでいないのが現状だ。セッションでは、様々なRSSフィードの解説とともに、RSSによって実際に効果を生んでいるSEO対策の紹介、RSSフィードを使用してのSEO対策手法を紹介した(この記事はMZDay2007のセッションレポートです)。

RSSを利用していると気付かない使用者が多い

 セッションでは、まず初めにRSSの基本的な解説を行った。RSSは、ニュースや商品情報、広告、ブログといったコンテンツの更新情報をRSSの購読者や利用者に向けて容易に伝えることができる技術のことで、購読者以外にも、他のWebサイトや検索エンジン、オンラインのシステムなどにも更新情報を配信できる。

 RSSの認知度は、インターネット白書2007のデータによると、RSSリーダーのサービス内容を理解しているのは44.9%。実際利用している人は13.1%で、世代では10~20代ではすでに利用している人が20%を超え、効率的な情報収集をしているユーザーが多い。ただし、この数字だけでは RSSの可能性や利用者の人数を知ることはできないと鈴木氏は強調する。それは、googleのiGoogle、MY Yahooなど、ポータルで提供されはじめたMYページはまさにRSSリーダーそのものであり、その利用者は自分がRSSを利用していると気付かずに使用者となっているケースが多いだめだという。
 次に、RSSの技術の変遷についても触れた。始まりは1999年に米国ネットスケープコミュニケーションズが自社のポータルサイト「My Netscape」で策定した0.9である。その後にさまざまな変遷を経て数種類のバージョンが存在しているが、現在の標準はほぼRSS2.0で、これを利用するのが良いと鈴木氏は語った。

標準メニューでSEOとユーザビリティに対応するWebサイト制作サービス

http://www.nikkeibp.co.jp/news/it07q3/546029/ より転機

NTTデータキュビットは9月21日、Webサイト制作サービス「Webサイト制作おまかせパック」の提供を開始した。標準メニューで検索エンジン最適化(SEO)とユーザビリティに対応する点が特徴という。

「Webサイト制作おまかせパック」は、Webサイト制作サービスと納品後のメンテナンス・オプション・サービスを一括提供する。SEO/ユーザビリティ対応は、標準メニューとして用意している。

まずNTTデータキュビットは、ヒューリスティック評価やアイ・トラッキング調査で顧客Webサイトの現状分析を実施し、あるべきWebサイトの全体構成、ワイヤー・フレームを提案する。その後のWebサイト制作フェーズで、「SEO、ユーザビリティの両面が考慮されたHTMLコーディングを行い、『集客力』と『使いやすさ』をあわせ持つWebサイトを納品する」(NTTデータキュビット)。

納品後の追加オプションで、検索結果の順位確認、アクセス解析調査、顧客サポートなどが利用できる。

Webサイト制作おまかせパックの税別価格は187万円から。

Webサイト運営者、ネットショップ運営者必見!

http://www.news2u.net/NRR200721911.html より転機


Webサイト運営者、ネットショップ運営者必見!
NTTデータキュビット『秋の集中セミナー』開催のご案内

株式会社NTTデータキュビット(東京都千代田区、代表取締役社長:細木 康裕)は、2007年9月25日(火)~9月27日(水)にかけ、Webサイト運営者、ネットショップ運営者向けのセミナー6講座を開催いたします。奮ってご参加ください。

●9月25日(火)

○午前の部 10:30~14:30(受付開始10:15) ※昼食休憩45分含む

『「オンラインショップ販売講座」(成功の鉄則)』

講師:株式会社NTTデータキュビット 営業本部 マーケティング担当 部長 里吉 克仁
(『ホームページ集客を利益に変える成功方程式』著者)

概要:オンライン通販を成功させるためにショップマスターが実施すべきポイントを網羅的かつ体系的に解説します。自ショップに足らない施策を洗い出し、より一層の売り上げ増加を実現することを目的としています。

参加費:8,400円(税込)

詳細:
http://www.onlineshop-seminar.com/seminar_20070925o.html



午後の部 14:00~17:00(受付開始13:45)

『顧客心理から考えるキャッチコピー作成実践セミナー』

講師:有限会社エルム・プランニング 代表取締役 堀内 伸浩 先生
(『「書く」マーケティング』『書いて売れ!』著者)

概要:ネットショップ運営に必要不可欠なキャッチコピーの作り方やセールスレターの書き方など、Webライティングの基本知識の習得を目的としています。セミナー中にキャッチコピー作成のためのシートをお配りし、実際にキャッチコピーを作成していただきながら進めて参ります。

参加費:8,400円(税込)

詳細:
http://www.onlineshop-seminar.com/seminar_20070925h.html



●9月26日(水)

○午前の部 10:30~13:00(受付開始10:15)

『SEM/SEOセミナー(入門編)』

講師:株式会社NTTデータキュビット 営業本部 マーケティング担当 部長 里吉 克仁
(アスキー『ホームページ集客を利益に変える成功方程式』著者)

概要:SEM(検索エンジン・マーケティング)およびSEO(検索エンジン最適化)を独力で実践できるためのノウハウの基礎的な知識を修得を目指します。これからSEM、SEO対策をご検討の方向けの内容になります。

参加費:8,400円(税込)

詳細:
http://www.onlineshop-seminar.com/seminar_20070926s.html



○午後の部 15:30~17:30(受付開始15:15)

『「スポンサードサーチ」による検索エンジンマーケティングセミナー 』

講師:オーバーチュア株式会社 オンラインチャネルマーケティング マネージャー 佐藤 秀一 先生

概要:「スポンサードサーチ」では、広告を表示する地域の指定や広告内容の最適化、柔軟な予算配分の仕組みなど、ウェブ集客をより効果的にサポートする機能や、掲載順位の決定方式の「品質」の概念導入など、従来よりも効率的な運用を提供しています。本セッションでは、これらの内容についてご紹介しながら、ネットマーケティング活動に活かすためのヒントをお話いたします。

参加費:8,400円(税込)

詳細:
http://www.onlineshop-seminar.com/seminar_20070926ov.html



●9月27日(木)

○午前の部 10:30~12:30(受付開始10:15)

『Webサイト運営者のためのユーザビリティ基礎講座』

講師:株式会社NTTデータキュビット Webユーザビリティコンサルタント 山口 真弘
(INTERNET Watch『実践! Webユーザビリティ研究室』連載中)

概要:どれだけ多くの訪問者をWebサイトに呼び込んだとしても、Webサイトが思ったとおりに使えなければ、訪問者はすぐにサイトを離脱してしまいます。本セミナーでは、Webサイトをお客様視点で使いやすくする「Webユーザビリティ」の基礎、陥りがちなミスを実例で紹介するほか、ユーザビリティ調査を自分たちで行う場合の効果的な方法などを紹介します。

参加費:特別価格4,200円(税込)

詳細:
http://www.onlineshop-seminar.com/seminar_20070927u.html



○午後の部 13:30~15:30(受付開始13:15)

『アクセスログ解析から導くユーザビリティ改善講座』

講師:株式会社NTTデータキュビット Webユーザビリティコンサルタント 三上 慎一
(日経ビジネスオンライン『アイトラッキングの"眼"』連載中)

概要:Webサイトのユーザビリティ改善と一口に言っても、ただセオリーに沿った修正を施すだけでは具体的な成果を得られるとは限りません。本セミナーでは、実際のアクセスログを解析することでユーザの行動・心理を分析し、Webサイトのユーザビリティ改善に役立てる方法について解説します。

参加費:特別価格4,200円(税込)

詳細:
http://www.onlineshop-seminar.com/seminar_20070927a.html



【開催場所】
株式会社NTTデータ 霞が関プレゼンテーションスペース INFORIUM(インフォリウム)
「カンファレンスルームB」
東京都千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル30階
http://www.nttdata.co.jp/showroom/access.html


【注意事項】
・定員は各セミナーとも40名となります。お申込多数の場合は、先着順にて受付いたします。
・申込受付はオンラインのみで承ります。
・不可抗力、また講師の急病などにより、セミナーの開催を延期または中止する場合がございます。
・セミナー内容やアジェンダ、タイムテーブル等、都合により変更する場合がございます。


【NTTデータキュビットについて】
2000年11月設立。Webユーザビリティ、SEO、PPC広告などWebサイト全般のコンサルティングのほか、ASP提供、システム構築、セミナー開催を手掛ける。
URL:http://corp.cubit.co.jp/


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社NTTデータキュビット 『買いパラ』研究室セミナー事務局
E-MAIL: seminar@cubit.co.jp
TEL:03-3512-5844

関連URL:http://corp.cubit.co.jp/

第2回 事例に学ぶビジネスブログの設計ノウハウ

http://www.atmarkit.co.jp/im/ces/serial/blog02/blog02.html より転機

シックス・アパート株式会社
中山 順司

2007/9/18
ブログはHTMLを生成するツールです。誰にでも簡単に扱える便利なツールですが、ツールである以上中身を書くのも方向性を決めるのも、使う人(企業)次第です。(本文より)(→記事要約へ)

 ビジネスブログは企業のWeb コミュニケーションの手段として業界を問わず、すっかり定着してきた感があります。

 情報発信用ツールとして、マーケティングの一環として始まったビジネスブログは、いまでもこの用途で使われることが多く、最もポピュラーな使われ方といって間違いないでしょう。その用途もバラエティに富み、ビジネスブログは大きく「企業のWebサイト構築(CMSとして)」「物販サイト運営(ECとして)」「マーケティング(情報発信として)」、そして「社内利用(イントラブログとして)」の4つに進化しています。

 ここでは、CMSやEC、イントラブログといった用途については割愛し、いわゆるビジネスブログとして語られることの多い「マーケティング(情報発信)」用途にフォーカスしてお話しすることにします。

 始めるからには多くの人に読まれ、大きな反響を呼ぶビジネスブログを作りたいものです。そこで今回はビジネスブログ導入企業例を紹介しつつ、失敗しないブログ設計のコツについてお話ししたいと思います。

■ 「何を書くか」ではなく、「何のために書くか」

 ブログはHTMLを生成するツールです。誰にでも簡単に扱える便利なツールですが、ツールである以上中身を書くのも方向性を決めるのも、使う人(企業)次第です。

 ビジネスブログを始めるに当たり、明確にすべきはその「目的」です。なぜ書くのか、なんのために公開するのかを、事前によく考えましょう。こんなことをいうと、「何をいまさら当たり前のことを」と思う方もいらっしゃるかもしれません。ところが、世の中には目的があいまいなままスタートしてしまっているブログが実は少なくないのです。

* なんとなくSEOによさそう

* 頻繁に情報発信ができる

* みんながやっている

 それらは確かにブログのメリットではありますが、どんな狙いを持ったSEOなのか、なぜ情報発信する必要があるのか、等がクリアになって初めて意味を持ちます。目的が定まらないブログは情報の一貫性が保てず、ターゲットはぼやけ、結果的にメッセージが届かないことになります。つまり、初めに議論されるべきは、「何を書くか」ではなく、「何のために書くか」なのです。

 ブログで情報発信することで、誰にどんなメッセージを送り、どんな変化や成果を手に入れたいかを自分(自社)でリストアップしてみましょう。

 トラックバックで消費者の声を集めたいのか、資料請求の窓口として機能させたいのか、母屋のサイトへの誘導となる情報発信基地として使いたいのか、製品について詳細情報を告知しつつSEO効果も狙いたいのか、会社を紹介して親しみを持ってもらうためのサイトなのかなど、迷ったときに立ち返ることのできる、判断のよりどころとなるコンパスを持つことです。目的を持つということは、そのブログに一本筋を通すことになるのです。

 「何を書くか」を考える時間は心配しなくても十分にあります。スタートしてからブログの目的を考えるのではなく、まずは目的をしっかり据えましょう。

■ 対照的な目的を持つトヨタと日産

 1つ例を挙げましょう。

 日産とトヨタは、それぞれ自社コンパクトカーのティーダとラクティス用のビジネスブログを運営しています。細かな製品特徴は異なるものの、ほぼ同じ価格帯のコンパクトカーが主役のブログですが、目的は対照的といってよいほど違います。

 日産のティーダブログは、“従来のメディアでは伝え切れない製品の特徴を、担当者目線で語る”という、製品について深く掘り下げた情報を発信することを目的としています。

 メーカーだけが知る開発秘話やパーツ1つ1つへのこだわり等、製品に対する愛情が伝わってくる記事にあふれ、トラックバックによるコミュニケーションにも積極的なのが特徴です。

 良い意見も欠点を指摘する声も隠さず公開することで、メーカーの押し付けがましさを感じさせない内容になっています。ティーダブログは、ビジネスブログの先駆け的な事例としてメディアに多く取り上げられ、多くのビジネスブログに影響を及ぼしたといえます。

 それに対し、トヨタのラクティスブログは正反対の目的を持っています。

 ラクティスブログでは、車の性能や内装、装備についてまったくといってよいほど触れられていません。語られているのは車そのものではなく、“コンパクトカーで出掛けること、コンパクトカーと過ごす楽しさ”についてです。

 全国各地の観光情報やオススメスポットを地元ラジオ局と連動して紹介し、読者のコメントでご当地情報を交換し合う目的で始められました。車に興味の薄い人が購入を検討するとき、ラクティスを選択肢として想起してくれるための刷り込み効果を狙ったものです。
「すでにその車を知っていて、買うかどうか迷っている人に対し、既存メディアで伝え切れない製品特徴を伝え、より深い製品への理解を促す」のが目的のティーダブログであるなら、「メーカーや車種の絞り込みをする前段階の層に対し、広告らしさを徹底排除した“クルマと出掛ける楽しさ”を訴求させる」ことが目的のラクティスブログと、方向性がまったく異なるコンテンツになってきます。

■ 求められるブログの費用対効果

 「目的を持つこと」はブログで失敗しないための必要条件ではありますが、それで十分ということではありません。目的以外に求められるのが、「費用対効果」というものです。

 例えば、Webでの広告出稿や検索連動型広告における費用対効果は、「販売・資料請求・問い合わせ等へのコンバージョン」「ページビューによる告知・目的とするサイトへの誘導」といった客観的なデータでその効果を検証することができます。

 ブログもビジネス活動の一環である以上、投資するコストに対してどれくらいの効果が見込めるのか、どんな成果を得られるのかが求められるのは当然でしょう。「ビジネスブログに効果があることは会社の総意ではあるのだけれど、客観的な費用対効果に落とし込めていない」……そんな理由で導入に踏み切れない、あるいは検証中のままのケースもあります。

 ただ、ビジネスブログもすべてを予測することは無理ですし、予想してもそのとおりにコトは運びません。それに、表れた効果とブログの因果関係を証明するのも難しいのが実情です。そんな中、うまく費用対効果を算出して社内の合意を得た、ハンバーガーでおなじみの日本マクドナルドの例を紹介しましょう。

 日本マクドナルドでは昨夏、新型サンドイッチ販売開始に先立ち、その製品を紹介する期間限定ブログを立ち上げました。その際、ただブログを作るだけではなく、調理キットを車載した専用バンで日本全国の試食キャラバンの旅に出て、行く先々での出来事をリアルタイムにブログでレポートするという大掛かりなキャンペーンを行ったのです。

 TVCMを打つことに比べれば安いのでしょうが、たった2週間強のキャンペーンのために普通のブログとは比べ物にならないコストを費やしたわけで、思い付きで通る企画ではありません。

 企画の発案者は社内説得のため、TV等メディアへの露出効果を予測し、広告出稿した場合の費用に換算することで費用対効果を可視化させ、社内の理解と同意を得ることができました。実際にキャラバン出発の模様はTVニュースで放送され、さらに赴いた各地の地元TV局にも取り上げられることになり、キャンペーンは大きな成功を収めました。

■ データや金額では割り切れないブログの価値

 このように、ブログの効果を「広告効果に換算する」のも、費用対効果を可視化させる1つの方法です。もちろん、すべてのビジネスブログが同じ目的を持つわけではなく、またこの手法がどのブログにも当てはまるわけではありません。ただ、費用対効果を算出するアイデアとしてこういう手法もあるということはお分かりいただけたと思います。

 実はここで最もお伝えしたいことは、ブログの効果を事前に測定する手法を知っていただくことではなく、ブログの骨子を設計するに当たって「目的」を定め、「費用対効果」をシビアに見極めることは重要であること、そして同時にデータや金額では割り切れない価値があるという事実です。

 数値化することだけにこだわってしまうと、ブログの見えない効果を見落としてしまう可能性があるのです。それは、ブログの持つ親しみやすさや消費者に近い立ち位置から発せられる情報による、心理的ハードルを下げる効果です。つまり、「書き手と読み手のコミュニケーション」です。

■ 企業のコミュニケーション能力を高めるべき時代

 長い年月をかけて築いた信用が不祥事1件で崩れ去るといった事例が近年多発する中、消費者の企業をチェックする眼も厳しさを増し、信頼感を勝ち取ることが難しくなっています。

 手っ取り早く結果を出したい、目に見える効果が欲しい、ブログをするなら誰しもこう思いますし、ビジネスブログならなおさらのことです。投資を回収してプラスに持っていきたいと考えるのが自然でしょう。

 とはいいつつも、信頼関係を築くには時間と対話をかけた地道な努力が必要です。友人を作る場合、赤の他人に初対面で心を許すことはなく、まず「知人」からスタートし、徐々に関係を深めて友人とし、やがて親友へと変化していくように、プロセスを省略することはできません。

 自社の損得に直結する「目的」と「費用対効果」という短期目標を意識しつつも、読者(消費者)との継続的コミュニケーションによる信頼関係の構築という長期目標を忘れないでいただきたいと思います。企業の信用力の有無、あるいは強弱がビジネスを大きく左右する時代だからこそ、企業のコミュニケーション能力が問われているのです。
筆者プロフィール
中山 順司(なかやま じゅんじ)
シックス・アパート株式会社 マーケティング シニアマネジャー
愛知県出身。携帯電話キャリア、ITベンチャーを経て、現在はブログ・ソフトウェアベンダーのシックス・アパートでマーケティングに従事。これまで一貫してマーケティング業務に携わっている。

重複コンテンツが招く SEO トラブルとその解決策

http://japan.internet.com/column/busnews/20070918/8.html より転機

Blog や SNS といった手軽な情報発信ツールや他サイトのコンテンツの取り込み、あるいは他サイトへの提供が簡単にできる RSS フィード技術や関連ツールの広がりが、SEO を行う上であらたな問題を引き起こしている。それが「重複コンテンツ」の問題だ。

重複コンテンツとは、同一コンテンツが複数の URL に存在する状態を指す。検索エンジンは重複したコンテンツは基本的に登録を行うことはない。言い方を変えると、検索結果に同じものを複数表示しない、ということ。

もし同じコンテンツを重複してインデックスしていくと、ある検索クエリに対する検索結果画面に同一内容を持つ異なる URL を複数表示することになり、検索利用者の検索体験の質的低下を招くからだ。

従って Google はもっとも評価が高い、あるいは一定以上の評価を受けたページのみを登録するし、Yahoo! は重複コンテンツと判定すればクロールをしないようになっている。

Web サイト運営者からすれば、希望する検索キーワードで上位表示する大前提として、検索エンジンのデータベースに登録されることは必須条件であり、それが満たされない、あるいは本来意図した - ユーザーを誘導したいと考えたページが表示されない - のであれば大きな問題となる。

しかし、冒頭で述べたような Blog や SNS の存在、RSS フィードによるシンジケーションはもちろん、様々な過程を通じて発生した重複コンテンツによりインデックスに支障をもたらすケースがある。

例えばニュースサイトはブラウザ閲覧用のページとは別に、印刷用のページを用意している場合がある。あるいは数多くの商品点数を抱える Eコマースの場合、「メーカー別」「ブランド別」「用途別」と複数のカテゴリ階層で構成されている場合、各々の階層に同一商品のページが異なる URL で生成されてしまうこともある。

いずれの場合も、全く同じコンテンツが存在することになり、検索エンジンに適切に登録されない問題を招く場合がある。

冒頭で触れた Blog や SNS は第三者による「オリジナルコンテンツのコピー」により重複コンテンツが生まれる。Blog や SNS は手軽にページ生成が可能なため、個人的な記事クリップといった悪意のない目的、あるいはコンテンツ連動広告で金銭を稼ぐことを目的に他サイトのコンテンツを借用してページを作成する場合もあるが、いずれにせよこの場合も重複コンテンツが発生する。

このケースでは、コンテンツ盗用者の運営するサイトがもともとのコンテンツ保有者のサイトよりも評価が高い場合、関連するキーワードで検索した際にコンテンツ盗用者のサイトが先に表示されてしまいトラフィックが奪われる場合もある。

ソーシャルブックマーク(SBM)も時として厄介な問題をもたらすこともある。誰かがページ(これをオリジナルページとする)をブックマークすると、 SBM は当該ページのタイトルと本文の一部を自動的に引用するが、この時点で全く(ほぼ)同じタイトルを持つページが生成されてしまう。

この時、タイトルに含まれる文字列で検索した時にオリジナルページではなく SBM のページが次々と表示されてしまうことがある。

以上、重複コンテンツの存在は検索エンジンへの登録が妨げられるというケースと、それが発展してコンテンツ盗用者にトラフィックを奪われるという問題が発生するケースもある。いずれにしても、Web サイト運営者はこうした問題への対処法も考えなければいけない。

まず第1に、運営サイト内で重複コンテンツが発生しない仕組みを作ることが必要。基本的に1つのコンテンツは1つの URL のみに存在するようにする。システム上、それが回避できない場合はいずれか一方の重複コンテンツをクロール拒否設定することで、クローラが同じコンテンツを巡回しないように設定をする対策が可能である。

例えば印刷用と Web 閲覧用のページはユーザーの Web 体験上避けられないものであるから、これは印刷用を robots.txt などでクロール拒否すればいいわけである。META タグにロボットのクロールを拒否する nofollow、noindex を入れてもいいだろう。

ソーシャルブックマーク対策としては、テキストを掲載しない(例 はてなブックマークの場合)措置をとることも1つの解決策だ。

第2にコンテンツ盗用者対策だが、まずは盗用者に対して警告を行い削除要請をすることを試みる。応じられなければ、検索エンジンに対して該当コンテンツをインデックスから削除することを要請することが可能だ。

デジタルミレニアム著作権法(DMCA 法)に沿って必要な手続きを行うことで、Google も Yahoo! も盗用者のコンテンツをインデックスから排除する作業をしてくれる。

発信した情報を検索エンジンという情報流通システムを通じて必要とするユーザーに円滑に伝達できる環境を構築するためにも、検索エンジンにあわせたコンテンツの配置や管理を考えていく必要がある。

(株式会社アイレップ SEM 総合研究所 所長 渡辺隆広)

ディーボ、最短3日で導入/メンテが可能なSEO対策サービス「Power SEO」

http://www.nikkeibp.co.jp/news/biz07q3/544970/ より転機

ディーボは9月11日、「スピード運用」「リアルタイム・モニタリング」「低料金」が特徴という検索エンジン最適化(SEO)対策サービス「Power SEO」の提供を開始した。

「Power SEO」について、ディーボは「メンテナンス・スピードに焦点を合わせたSEOサービス」としている。初期設定作業を開始してから最短3営業日以内にSEO対策を導入するほか、対策キーワードの追加および削除は最短3日で実施する。

導入後のキーワード検索順位とアクセス数、検索数は、専用のモニタリング・ツールで随時確認できる。またディーボがYahoo! JAPANやGoogleの検索順位決定アルゴリズムを監視し、アルゴリズム変更時には新たなアルゴリズムに対応するとともに、ユーザーにメールで通知する。

価格は、初期費用が12万6000円(一般サイト)または28万6650円(特定サイト)、ページ・チューニング費用が1キーワード当たり1万5750円。キーワード・メンテナンス費用は成果報酬制とし、1カ月間連続して検索順位20位以内に入った場合で5800円から。

ディーボでは、初年度に5000万円の売り上げを見込む。

SEO対策済み音楽情報サイトの譲渡

http://www.news2u.net/NRR200721406.html より転機

■概要
メディアネット株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 近藤克紀)は、サイト売買専門サービス「サイトキャッチャー」にて、SEO対策済み音楽情報サイトの譲渡先の募集を開始しました。

『サイトキャッチャー』 ⇒ http://sitecatcher.net/

■案件名
SEO対策済み音楽情報サイトの譲渡

【案件詳細】
音楽情報、DVDなどの情報サイトです。
全ページがHTMLファイルなので気軽に運営・更新できます。

トップページの[pagerank]ページランクが4、ページランク2のページが半数ほどです。すぐに SEO 用に使用いただけます。

【サイトキャッチャーのコメント】
ページランクが4のサイトです。
ページランクがあるサイトでもいろいろなサイトがございますので、御購入をお考えになった方はサイトを確認してみてはいかがでしょうか。

【案件詳細ページ】
http://sitecatcher.net/search_offer-1757.html

※ご出展者・およびご出展サイトの秘密を守るためご商談希望者以外には実際のサイト名を伏せさせていただきます。

上記以外にも多数のサイトをお取り扱いしています。
お探しのサイトが見つからない場合にはサイトキャッチャー事務局へお問い合わせください。

専門コンサルタントが仲介する、高額非公開案件の「プレミアムプラン」や特定サイトの買収をご検討の企業様を対象とした「サイト指名買いサービス」もございます。
ご遠慮なくお問い合わせください。

 ◆プレミアムプラン http://sitecatcher.net/manda.html
 ◆サイト指名買いサービスhttp://sitecatcher.net/agency.php

【サイトキャッチャー】
登録料無料! 案件情報開示料も無料!!
http://sitecatcher.net/

運営:メディアネット株式会社
http://medianet.fm/company/

■受付期限
受付期限2008年10月01日まで。

直接のお問い合わせも大歓迎! 担当の小山まで。
取材のお申し込みも歓迎いたします。
メール info@sitecatcher.net
電話 0120-310-189 (サイトイチハヤク)

■本件の連絡先
メディアネット株式会社
http://medianet.fm/company/

EC事業カンパニー
サイトキャッチャー事務局 担当:小山 (こやま)
E-mail: info@sitecatcher.net

TEL 03-3363-6239 FAX 03-3363-6235
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-13-1 ローズベイ新宿ビル2階
代表取締役 近藤克紀

関連URL:http://sitecatcher.net/search_offer-1757.html

プレスリリース「株式会社アイディーシステム」

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=17349&php_value_press_session=61eb4a8e47793d9ec88262fd82edce28 より転機

会社名/団体名
 株式会社アイディーシステム

カテゴリ
 情報・通信

プレスリリース配信日時
 2007年09月11日 12時

プレスリリースタイトル
 ブログのクチコミ効果、一過性では終わらせません。「ブログで口コミ.com」に、SEO対策にも効果を発揮する3ヶ月継続コースが新登場

プレスリリース要約(全角150文字以内)
 100のブログで企業の新商品やサービスを紹介する「ブログで口コミ.com」で、3ヶ月継続コースが始まりました。被リンク数増によりSEO効果も格段にアップ。
一過性の話題では終わらせません。   

プレスリリース本文
 報道関係者 各位
プレスリリース
 2007 年 9月 11日
  株式会社アイディーシステム
=========================================================================
100のブログで企業の新商品やサービスを紹介する「ブログで口コミ.com」で、3ヶ月継続コースが始まりました。被リンク数増によりSEO効果も格段にアップ。
一過性の話題では終わらせません。   
=========================================================================
最低限の費用で、ネット上での最大限の宣伝効果をもたらす「ブログで口コミ.com」。
株式会社アイディーシステム(所在地:東京都中央区 以下:アイディーシステム)が提供する同サイトが、3ヶ月継続コースをスタートしました。

アイディーシステムではこれまで、100人の一般ブログユーザーが、企業の商品やサービスを紹介するサービス「ブログで口コミ.com」を、5万円から提供。
これまで、多くの広告主の方からお喜びの声を頂いてきた当サービスですが、変化の激しいネット社会においては、一度きりの紹介ではすぐに記事が風化し、宣伝効果が長続きしない、という難点を抱えていました。

その問題を打開するため、「ブログで口コミ.com」で新たに始まるのが、「3ヶ月継続コース」です。当サービスでは100のブログでの紹介を、3ヶ月間、3回に渡って継続。これによって口コミ効果が継続し、ターゲットに繰り返し訴求できる
と共に、被リンク数も3倍に増え、SEO対策も格段にアップいたします。

大手企業もアフィリエイト事業への参入を開始し、ブログでの紹介が広告において大きな力を持ち始めた今だからこそ、広告主様だけでなく、SEOサービス会社様、WEBデザイン会社様方にもお役立て頂ける、新サービスのスタートに踏み切りました。

今後、アイディーシステムではブログを始めとするツールを最大限に活用した、Web2.0時代に適応した新しい宣伝のあり方を提案、開発し、リーズナブルな価格での
提供を行ってまいります。

ブログで口コミ.com
http://blog-de-kuchikomi.com/

【会社概要】
 ■会社名  株式会社アイディーシステム
 ■設 立  2007年4月20日
 ■所在地  東京都中央区銀座
 ■URL    http://blog-de-kuchikomi.com/
 ■事業内容 インターネットコンテンツの企画・開発・運営

【本件に関するお問い合わせ】
 ■会社名  株式会社アイディーシステム
 ■担当者  山崎
 ■Email  support@blog-de-oshigoto.com

SEO対策済み、海外法人向け・海外精力剤個人輸入代行サイトの譲渡

http://www.news2u.net/NRR200721654.html より転機

■概要
メディアネット株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 近藤克紀)は、サイト売買専門サービス「サイトキャッチャー」にて、SEO対策済み、海外法人向け・海外精力剤個人輸入代行サイトの譲渡先の募集を開始しました。

『サイトキャッチャー』 ⇒ http://sitecatcher.net/

■案件名
SEO対策済み、海外法人向け・海外精力剤個人輸入代行サイトの譲渡

【案件詳細】
海外法人取得者様向けの【海外精力剤・サプリメントの個人輸入代行ショップ】です。

この度私どもが新規事業に注力することとなり、やむを得ずオープン出来ない状況になりましたので譲渡するにいたりました。

【サイトキャッチャーのコメント】
本案件売却主様のご都合によりECの稼動ができなくなってしまった案件。
ただ、SEO対策も済んでおり、ECサイトを始める際に必要なものは全て揃っているようです。

【案件詳細ページ】
http://sitecatcher.net/search_offer-1772.html

※ご出展者・およびご出展サイトの秘密を守るためご商談希望者以外には実際のサイト名を伏せさせていただきます。

上記以外にも多数のサイトをお取り扱いしています。
お探しのサイトが見つからない場合にはサイトキャッチャー事務局へお問い合わせください。

専門コンサルタントが仲介する、高額非公開案件の「プレミアムプラン」や特定サイトの買収をご検討の企業様を対象とした「サイト指名買いサービス」もございます。
ご遠慮なくお問い合わせください。

 ◆プレミアムプラン http://sitecatcher.net/manda.html
 ◆サイト指名買いサービスhttp://sitecatcher.net/agency.php

【サイトキャッチャー】
登録料無料! 案件情報開示料も無料!!
http://sitecatcher.net/

運営:メディアネット株式会社
http://medianet.fm/company/

■受付期限
受付期限2007年11月30日まで。

直接のお問い合わせも大歓迎! 担当の小山まで。
取材のお申し込みも歓迎いたします。
メール info@sitecatcher.net
電話 0120-310-189 (サイトイチハヤク)

■本件の連絡先
メディアネット株式会社
http://medianet.fm/company/

EC事業カンパニー
サイトキャッチャー事務局 担当:小山 (こやま)
E-mail: info@sitecatcher.net

TEL 03-3363-6239 FAX 03-3363-6235
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-13-1 ローズベイ新宿ビル2階
代表取締役 近藤克紀

関連URL:http://sitecatcher.net/search_offer-1772.html

【セミナーご案内】

http://www.news2u.net/NRR200721519.html より転機

GMOホームページ大学 【福岡】9月20日(木)開催セミナー最終告知!!
効果的なホームページの作成法からSEOの基礎知識と成功ノウハウまで、事例を交えてご紹介!!

GMOインターネットの教育支援サービス「GMOホームページ大学」は、前回・前々回と大好評だったセミナーの内容をさらに充実させて福岡開催第4弾の「ホームページの企画・戦略立案セミナー」「検索エンジンにヒットするSEO基礎セミナー」を2007年9月20日(木)に開催致します。
開催がせまり、最終募集となりますのでご参加をご希望の方はお申込をお急ぎ下さい!!


◇お申込みはこちら↓◇
https://secure.onamae.com/cgi-bin/onamae/institute/application.cgi/?banner_id=15

▼前回受講者の声
「まだまだ知らないことを教えていただきました。ありがとうございました。」
「非常に有意義なセミナーでした。すぐに実行、検討できそうな話でした。」
「ホームページを制作する上での目的やポイントが明確になったので良かったです。」

■セミナー概要■

日時: 9月20日(木)10:30~(10:15受付開始)
会場:@YMCアーバンオフィス(博多駅徒歩5分)※前回とは会場が異なります。
    〒812-0013 福岡市博多区博多駅東2丁目5-1アーバンネット博多ビル4F
講料: お一人様¥5000(@YMCパートナーユーザー様 \3,000)
定員: 30名限定
講義:「ホームページの企画・戦略立案セミナー」
    「検索エンジンにヒットするSEO基礎セミナー」
詳細: http://www.gmo.jp/daigaku/seminar/fukuoka/?banner_id=15

□講師情報

◆榛葉 壮士◆GMOホームページ大学学長
(GMOインターネット株式会社 ネットビジネス市場開発事業本部本部長)

2001年、専用サーバーを中心としたソリューション営業としてGMOインターネット株式会社へ入社。お客様の抱えている問題を徹底的にヒアリングし、最善のインターネット戦略の提案を行う。現在はGMOインターネットの最年少本部長として教壇に立ち、自身のノウハウを生かしたGMOホームページ大学の講義が高い人気を誇っている。
学長ブログはこちら ⇒ http://blog.gmo-ins.jp/


■GMOホームページ大学について
2004年9月、GMOインターネットの教育支援サービスとして「GMOホームページ大学」を設立。本社所在地である東京都渋谷区を拠点に、全国5都市でインターネットビジネスに関するセミナーを開催中。動員数は延べ5618社(2006年12月現在)。
URL:http://www.gmo.jp/daigaku/?banner_id=15
----------------------------------------------------------
<お問い合わせ先>
GMOインターネット株式会社 ネットビジネス市場開発事業本部
■GMOホームページ大学事務局■
〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
・メールでのお問い合わせ: daigaku@onamae.com
・お電話でのお問い合わせ: 03-3461-0050

ドメインキーパー、共有サーバホスティング利用ユーザに高機能SEOツールを無料提供

http://japan.cnet.com/release/story/0,3800075553,00021635p,00.htm  より転機

近年のSEO(検索エンジン最適化)対策需要の高まりを受け、株式会社ハイパーボックス(本社:東京都中央区、代表取締役:深田太郎)では、9月10日より、同社が運用するホスティングブランド「ドメインキーパー(http: //www.domain-keeper.net/)」の共有サーバホスティングサービス「blue Block WEBサーバ」ご利用者様を対象に、SEO対策に有効なツール『DoctorSEO β版』の無料提供を開始いたします。

β版提供期間は9月10日から11月末頃までを予定しており、期間中にご利用者様からのご要望や不具合報告を収集、12月より正式リリースを予定しております。(有償サービスの他、無償サービス(blue Block バンドル版)のリリースも予定)

□□検索エンジン対策総合ツール『DoctorSEO』の主な特徴

▼無料で使えるツールが31種類! 多角的なサイト分析が可能

SEO対策を行うには、まず自分のサイトの現状をよく知らなければなりません。各検索エンジンでの順位調査や被リンク数調査、キーワード出現率の調査など、対策を行う上で把握しておかなければならない情報は実に数多くあります。
『DoctorSEO』では、国内最多となる31種類のSEOツールをご用意しておりますので、SEO対策の多くの作業を『DoctorSEO』だけで行うことが可能です。もう、SEO対策の為に複数のツールを使い分ける必要はありません。

 [ 提供ツール概要 ]
  ・サーバチェック 7ツール
  ・検索順位チェック 1ツール
  ・外部リンクチェック 5ツール
  ・内部リンクチェック 2ツール
  ・タグ除去 2ツール
  ・キーワード分析 11ツール
  ・キーワード選択サポート 3ツール


▼ツールが自動で毎日情報収集、SEO対策の作業負荷を軽減!

『DoctorSEO』では、常時監視するサイトを登録することにより、自動的に情報を収集し、モニターレポートを作成いたします。主要検索エンジンにおけるバックリンク数や検索順位、登録キーワードの検索ヒット数などがグラフ表示され、現在の状況を総合的に把握することが可能です。
また収集した情報はデータベースに蓄積されていきますので、長期的に推移を追っていくことができます。
 
 [ 主なレポート内容 ]
  ・サイト内リンク数の変動
  ・Googleページランクの変動
  ・Google、Yahoo!、MSNにおけるバックリンク数の変動
  ・Google、Yahoo!、MSNにおける検索結果のヒット数
  ・Google、Yahoo!、MSNにおける検索結果の順位変動
  ・Overture、Google AdWordsに出稿されている主な広告


▼ライバルサイトも徹底分析! より具体的なSEO対策へ

『DoctorSEO』では動向を調査したい他サイトのURLを登録して、自分のサイトと同様、モニターレポートを閲覧することができます。両方のサイトを監視することで、ライバルサイトとのSEO的な違いや、検索エンジンが順位付けを行う時に重視する要因の推定にも役立ちます。
もちろん、自分のサイトの現状把握に利用したSEOツールはライバルサイトの調査にも利用可能です。
『DoctorSEO』を利用して、ライバルサイトをじっくりと研究してみてください。


□□『DoctorSEO』β版をご利用になるには

ドメインキーパーの共有サーバホスティングサービス「blue Block」においてWEBサーバのご契約を頂いているご利用者様を対象に、高機能SEOツール『DoctorSEO』のβ版を無料にてご提供いたします。

--------------------------------------------------------------
【サービス名】 DoctorSEO β版

【提供対象】 blue Block WEBサーバ ご契約者様
blue Block ビジネスパッケージ ご契約者様

【提供期間】 9月10日より11月末終了予定
--------------------------------------------------------------


※『DoctorSEO』はSEO対策のサポートツールであり検索エンジンでの
 上位表示を保証するものではございませんので予めご了承ください。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇詳しくはウェブサイトへ

SEO対策を強力サポート!『blue Block+DoctorSEO』 → リンク
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


□□BTO型共有サーバホスティング「blue Block」について(リンク)

「blue Block」はWEBサーバのみ、MAILサーバのみのシンプルな基本プランに、オプションとして欲しい機能を追加するBTO型共有サーバホスティングサービスです。
独自ドメインSSLやデータ保全・スパム対策などのセキュリティオプションを始め、アクセス解析・メール配信などのマーケティングオプション、専用データベースといった各種オプションサービスを組み合わせることにより、各サイトの運用方法にあわせた独自のサービスプランを構築いただけます。


 ▽WEBサーバ/HDD容量:1GB、ウェブアカウント:4
 ------------------------------------------------------------
 標準機能:ブログツール、グループウェア、MySQLデータベース等
 ------------------------------------------------------------
 初期費用:3,150円 月額費用:1,050円


 ▽MAILサーバ/HDD容量:1GB、メールアカウント:20
 ------------------------------------------------------------
 標準機能:アンチウイルス、自動返信、転送設定、ウェブメール等
 ------------------------------------------------------------
 初期費用:3,150円 月額費用:1,050円


 ▽ビジネスパッケージ
 ------------------------------------------------------------
 WEBサーバ/HDD容量:1GB、ウェブアカウント:4
 MAILサーバ/HDD容量:2GB、メールアカウント:100 ※増設済
 ------------------------------------------------------------
 WEBサーバ標準機能、MAILサーバ標準機能
 独自ドメインSSLサーバ証明書、セキュアメール機能、
 ------------------------------------------------------------
 初期費用:9,450円 月額費用:7,875円~


--------------------------------------------------------------
●株式会社ハイパーボックスについて(リンク)
--------------------------------------------------------------
2000年の設立以来、お客様へ適正価格・良質なサービス提供をスローガンに、『ドメインキーパー』ブランドで共有/専用レンタルサーバ、ドメイン取得を中心としたサービスを提供するホスティング・プロバイダです。
現在ホスティングサービス事業を中核に、SSLサーバ証明書・大量メール配信等インターネットソリューションの提供、個別単位でのシステム構築、サーバ運用管理のアウトソーシングソリューションに注力しています。


【「blue Block」「DoctorSEO β版」に関するお問い合わせ先】
株式会社ハイパーボックス
T E L : 03-5304-8161
e-mail: support@domain-keeper.net
U R L : リンク

※ DoctorSEO は株式会社ジーネットワークスの登録商標です。

Google Readerに検索窓を新設

http://markezine.jp/a/article/aid/1729.aspx より転機

米GoogleはWebサービス型のRSSリーダー「Google Reader」にフィードを検索できるボックスを設置したことを公式ブログで9月5日に発表した。

 Google ReaderはGoogleアカウントがあれば無料で利用できるサービス。新設された検索ボックスからは、登録してあるすべてのフィードを全文検索できるほか、プルダウンメニューによって選択した特定のフィードを検索することも可能となっている。

 この全文検索機能を利用すると、たとえば「SEO」で検索して、SEO関連のニュースを一気にチェックすることもできる。また、Google Readerのタグ機能を利用すれば、「IT」タグを付けたフィードを時系列で見ることが可能になり、「何々のフィードをチェック」ではなく、複数フィードの塊を「1つのニュースフィード」として捉えることができる。これによって、大量のRSSフィードから、「タグ+全文検索」という組み合わせでの効率的な情報へのアクセスが可能になった。

【サイトキャッチャー】検索上位の金融商品紹介サイトの譲渡

http://www.news2u.net/NRR200721491.html より転記

■概要
メディアネット株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 近藤克紀)は、サイト売買専門サービス「サイトキャッチャー」にて、検索上位の金融商品紹介サイトの譲渡先の募集を開始しました。

『サイトキャッチャー』 ⇒ http://sitecatcher.net/

■案件名
個人向け金融商品紹介サイト

【案件詳細】
ただ単に商品を並べているサイトとは異なり、独自の情報を数多く掲載している為アピールしやすい内容。

SEO対策を行っていないが検索順位が高い為に安定した収入がある。
SEO対策をすればさらに期待できると思われる。

【サイトキャッチャーのコメント】
特定のキーワードである検索エンジンで上位表示。アフィリエイトのサイトとしてはうまく運営できているサイトでしょう。

【案件詳細ページ】
http://sitecatcher.net/search_offer-1763.html

※ご出展者・およびご出展サイトの秘密を守るためご商談希望者以外には実際のサイト名を伏せさせていただきます。

上記以外にも多数のサイトをお取り扱いしています。
お探しのサイトが見つからない場合にはサイトキャッチャー事務局へお問い合わせください。

専門コンサルタントが仲介する、高額非公開案件の「プレミアムプラン」や特定サイトの買収をご検討の企業様を対象とした「サイト指名買いサービス」もございます。
ご遠慮なくお問い合わせください。

 ◆プレミアムプラン http://sitecatcher.net/manda.html
 ◆サイト指名買いサービスhttp://sitecatcher.net/agency.php

【サイトキャッチャー】
登録料無料! 案件情報開示料も無料!!
http://sitecatcher.net/

運営:メディアネット株式会社
http://medianet.fm/company/

■受付期限
受付期限2007年09月30日まで。

直接のお問い合わせも大歓迎! 担当の小山まで。
取材のお申し込みも歓迎いたします。
メール info@sitecatcher.net
電話 0120-310-189 (サイトイチハヤク)

■本件の連絡先
メディアネット株式会社
http://medianet.fm/company/

EC事業カンパニー
サイトキャッチャー事務局 担当:小山 (こやま)
E-mail: info@sitecatcher.net

TEL 03-3363-6239 FAX 03-3363-6235
〒169-0073 東京都新宿区百人町1-13-1 ローズベイ新宿ビル2階
代表取締役 近藤克紀

SEO-YAHOO!対策の悩みと誤解

http://rblog-biz.japan.cnet.com/taikyokuka/2007/09/seoyahoo_5798.html より転記

SEOコンサルなどという業務で生計を立てている筆者の下にはさまざまな相談が持ち込まれますが、その中でも最たるものが表題の通りYAHOO!対策です。

例えば私が標榜しています6つのモノサシで、相互リンクとサイトボリュームとどちらを増やすことに専念すればいいですか?という類の質問が非常に多いのです。

このコラムの中にも同様の悩みを抱える読者がいらっしゃるのではないでしょうか。

SEO対策として専念すべき一本の軸というか、しっかりした方向性を欲する方たちです。

結論として言えば6つのモノサシはどれも同等に施策しなくてはなりません。
どれかひとつを重点的にといったようなものでは、場当たり的な対処法といわざるを得ないのが現在のSEO事情です。

またこの多方面的な施策が必要となることがYAHOO!対策を「難しい」と感じさせる原因であると筆者は思っています。

さて、では何故YAHOO!は多方面的に施策しないといけないのでしょうか?

これはYAHOO!が6つのモノサシによる評価をバランスよく行っていないことが大きな要因です。

YAHOO!はインデックス更新のたびに評価バランスが変わります。
しかも評価の偏重がはなはだ際立っているのが特徴です。

筆者はこれを「YAHOO!の入替え制度」と呼んでいます。

「YAHOO!の入替え制度」については次回、改めて記したいと思います。
今回の記事は「入替え」が生じてしまう原因についてです。

ご存知のようにYAHOO!SERPsはYSTがその基幹エンジンとして機能しています。では Y!J という検索ロボットをご存知の方はどのくらい存在しているでしょう?

Y!Jとは日本独自の検索ロボットなんです。
YAHOO!はこのようにYSTに加えて、独自に収集したデータによるアルゴリズム改竄を各国のYAHOO!に認めています。

※厳密にはロボットの種類はもっと数多くあります。ここでは話をわかりやすくするために2種類のロボットを比較しています。ですがYSTとは検索ロボットのオーケストラと捉えるのが一番、的を射た表現と筆者は思っています。

つまりYSTの順位決定に対しY!Jが日本環境に合わせた微調整を施しているという図式です。
簡単に言えばyahoo.co.jpとyahoo.comとでは検索結果に隔たりがあるということです。

最近の話で言えば8/22のインデックス更新はYSTによるものでした。そして8/30のインデックス更新がY!Jによるものでした。

現在、YSTは30日~40日間隔で定期的にインデックス更新を行っています。逆にY!Jによるインデックス更新は非常に不定期であります。

もう、お気づきの方はいらっしゃるでしょうがYAHOO!の順位の入れ替えはこのYSTからY!Jへインデックス更新が切り替わるときに生じます。

両者の評価基準が違うのですから当然といえば当然です。

逆にY!JからYSTへの切り替わり時にも順位に大きな変動が見られます。
これも理屈ではおわかりになると思います。

このように性格の異なるアルゴリズムが同時にではなく間をおいて検索順位に反映されるために評価基準の異なる検索結果が表示されることになるのです。

冒頭の記述に戻りましょう。

6つのモノサシのどれかに偏重して対策することがどれだけ危険かは、これでおわかりになったと思います。

また6つのモノサシをどんなにバランスよく対策しても、その結果は毎月変動することもご理解いただけたのではないでしょうか。

次回は「入替え制度」について記したいと思います。

今週封切の映画「HERO」期待しています♪

アフィリエイトがもたらしたもの

http://rblog-media.japan.cnet.com/wackey/2007/09/post_b31c.html より転記

Web関連の仕事をしていて、時々勉強のために関連書籍を探しては読むことが多い。そんなときに書店に訪れてSEOとかDreamweverとか書籍が並んでいるところで本を探したりしますが、その中でもよく見かけるのがアフィリエイト関連書籍である。

アフィリエイトに関してはだいぶ浸透していると認識しているが、最近ではアフィリエイトASPの選び方とかどうやって申し込むか、ということよりも、儲けるためにSEO対策であったり、コピーの書き方であったり、などに触れている本が多いと感じる。
アフィリエイト関連のサイトを見ていてもアクセス解析やユーザビリティのことについても言及している記事も見かけます。

そこから推察してもアフィリエイトをやっている方はホームページを作り、売れるようにするためにそれを狙ったコピーも書き、SEO対策を考えてページを作りこみ、時にはリスティング広告も出す。そしてアクセス解析を行い、分析をしてホームページを改善する。それらを自然とやっているアフィリエイターが増えているとも感じる。
先日もあるサイトのAdsenseで気になる広告をクリックしてみたら、リンク先が商品一覧になっていて、それぞれのリンクがアフィリエイトリンクになっていたことがあった。彼らはアフィリエイトで収益をあげるためにAdwordsで広告を出しているのである。

あくまでもアマチュア、素人のレベルであるかもしれないが、Webマーケティングを行う際の一通りのことをやれるようになってきているのではないか、と思う。もちろんレベルは低いかもしれないが、総合力というかそれぞれの関連性を考えてサイトを運営できるアフィリエイターが増えている、と考えると、プロの立場で考えれば「我が社はデザインしかできないし他のことはよくわからない」とか「SEOは専門だが、デザインはよくわからない」というのは少し危機感を覚えます。

最近ではドロップシッピングというサービスが日本でも始まってだいぶ経ちますが、自分で商品に値段を決めて販売できる仕組みが広まりつつあります。個人でもECサイトが持てる時代になっています。
そう考えると、ますますと広告を出すだけでなく、会員へのメールアプローチなどさらにWebマーケティングにおいて守備範囲の広いドロップシッパーも増えていくのでは、と思う。

アフィリエイトやドロップシッピングなどで少しお小遣い稼ぎをしてみよう、という入口ではあるが、自然とSEOやコピーライティングを身に着け、Webでマーケティングを行っていける、そんな総合力をもった個人が今後増えていくのでは、と思う。
そうなるとプロとしてWeb関連の仕事をしている我々も専門性だけでなく、ある程度の総合力を持たないと彼らにやられてしまうこともあるかもしれない、とそんな危機感を少し感じたりもします。
我々も彼ら以上に最低限Webマーケティングの全体像が見えるような自己研鑽は継続していかなければ、改めて考えさせられもしました。

プレスリリース「有限会社サウンドボード」

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=17236&php_value_press_session=49ef8ef22affccdeedd2bf71d1c3e78e より転記

会社名/団体名
 有限会社サウンドボード

カテゴリ
 広告・イベント・デザイン

プレスリリース配信日時
 2007年09月05日 16時

プレスリリースタイトル
 完全オーダーデザインによるSEO対策済ホームページ作成用テンプレートサービスを開始

プレスリリース要約(全角150文字以内)
 SEO対策を優先=テキスト中心で面白みのないページ、WEBデザイン重視=SEOには不向き...そんな常識を覆すSEOとデザイン性を両立させたホームページ作成用テンプレートサービスを低コストで提供。

プレスリリース本文
 有限会社サウンドボード(所在地:東京都杉並区 代表取締役:伊野 力)は、完全オーダーメイドによるWEBデザインとSEO対策済ホームページ作成用テンプレートをセットにしたサービスを発表した。

WEBデザインは、通常のデザインプロセスで作成、その後、スタイルシート等を活用し、SEO対策を意識したHTML化を行います。HTMLファイル・画像ファイル・スタイルシートを納品し、その後のヘッダやフッタ、メニューなど共通部分以外のコンテンツ作成作業は行いません。

ホームページ作成プロセスにおいて、最も専門性が求められるWEBデザインプロセスとSEO対応型のHTML・スタイルシート作成プロセスをサウンドボードに発注することで、発注者は、その後の比較的簡単なコンテンツの埋め込み作業を行うだけで、高品位なデザインとSEO対策に適したホームページを低コストで完成させることが可能になります。
加えて、コンテンツ作成作業の際に、SEO対策的に気をつけなければならないポイントを挙げたマニュアルを付属させます。

費用は、基本セットで99800円(税込104790円)となっており、通常のWEBデザイン単独単価以内抑えました。また、発注は、一般企業に限らず、同業のホームページ作成業者からの受注も受け付け、費用については発注数に応じて決定いたします。

年内に、月間100セット程度の受注を目標としています。


■サービス概要
サービス名:完全オーダーデザインによるSEO対策済ホームページ作成用テンプレートサービス
URL:http://www.seo-sb.com/
サービス開始日:平成19年9月5日
開発・運営:有限会社サウンドボード(http://www.soundboard.co.jp/)


■ご連絡先
有限会社サウンドボード(担当:伊野)
office@seo-sb.com

ネット広告大手、サイト改良事業を拡大

http://www.nikkei.co.jp/news/tento/20070905AT2E0301Z04092007.html より転記

 ヤフー、グーグルなどを使ったキーワード検索の結果が上位に表示されるよう、インターネット広告の大手が顧客企業のサイトを改良する事業を拡大している。検索結果の順位が高いサイトほど利用度が上がる傾向があり、上位に表示されやすいサイト作りに関心を示す企業が増えているからだ。本業の広告仲介事業の利益率低下を補う狙いもある。

 検索上位表示を狙うサイト改良事業は一般にSEOと呼ばれる。サイバーエージェントは4月に設立した専門子会社のCAテクノロジー(東京・渋谷)で、技術者や営業担当者を来年3月までに計25人程度に倍増させる。本体で既存広告主から請け負う分も含め、来春にはSEO事業の月間売上高を今年8月の1.5 倍の1億5000万円に伸ばす。

PR TIMES、ネット PR による成果報酬型 SEO パッケージを提供開始

http://japan.internet.com/wmnews/20070904/5.html より転記

PR TIMES は、2007年9月4日、ネット PR によるオンラインメディアでの記事掲載と Blog への書き込みによって、成果報酬型の検索エンジン最適化を実現するサービス「成果報酬型 NEWS SEO」の提供開始を発表した。

このサービスは、PR TIMES が2007年6月26日より販売している、PR 型 SEO パッケージ「NEWSSEO」の成果報酬型サービス。

最短、2週間以内で Yahoo!、Google の TOP10 内表示が実現できるとされており、30日以内に指定キーワードが検索結果 TOP10 以内に表示されない場合、基本設定費およびプレスリリース配信費用は請求しない。

PR コンサルタントが、オンラインメディアで取り上げられやすいコンテキストを開発してプレスリリース化、オンラインメディアでの掲載確度を高める。

オンラインニュースサイトのうち最低3媒体以上の掲載を確保。高 PV サイトからの被リンクの獲得を狙う。

また、独自のネットワークブロガーに対し情報を訴求、ブロガー視点からの情報発信も狙える。

プレスリリース「株式会社カヤック」

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=17207&php_value_press_session=58f041410067be04d78e92fd9ec3871c より転記

会社名/団体名
 株式会社カヤック

カテゴリ
 情報・通信

プレスリリース配信日時
 2007年09月04日 20時

プレスリリースタイトル
 株式会社カヤック、株式会社EC studioと共同開発でSEOブログパーツ 2種同時リリース!

プレスリリース要約(全角150文字以内)
 面白法人カヤックは2007年9月4日、SEO対策で定評のある(株)EC studioの協力を得て
SEOブログパーツをリリースいたしました。

プレスリリース本文
 報道関係者各位

プレスリリース
 2007年9月4日
 株式会社カヤック

-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
株式会社カヤック、株式会社EC studioと共同開発による
SEOブログパーツ 2種同時リリース!
「Only One」http://onlyone.blogdeco.jp/
「Oh!Fey mini」http://ohfey.blogdeco.jp/
-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-

株式会社カヤック(所在地:神奈川県鎌倉市、代表取締役:柳澤大輔、以下カヤック)は、
2007年9月4日、株式会社 EC studio(所在地:大阪府吹田市、代表取締役:山本敏行、
以下EC studio ※1)と共同開発したSEOブログパーツ2種、「Only One」と「Oh!Fey mini」を
リリースいたしました。

「Only One」のコンセプトは「世界にひとつだけのSEO」。貼り付けているブログが
検索エンジンでどのようなキーワードで何位に表示されているのかを解析し、
上位の3キーワードを表示します。ブログの運営者ですら知らなかったキーワードで
1位になっている可能性もあります。誰もが何かで一番(Only One)になれる、
何かのキーワードでSEO 1位を目指せる、貼り付けているユーザ専用のSEOブログパーツです。
今まで知られていなかったブログの価値を訪れた人にアピールすることも可能です。

「Oh!Fey mini」(※2)は、貼り付けられたページがソーシャルブックマークサービスに
登録されているブックマーク数を表示するブログパーツです。貼り付けられたページごとの
登録数(評判)が表示されるので、自分のブログのどのページの評判が一番良いのかを
チェックすることができます。ソーシャルブックマークサービスに登録されることは
良質の被リンクを獲得できる手段であり本ブログパーツは高いSEO効果を目指せるツール
とも言えます。

今回のサービスのリリースは、SEO対策で定評のあるEC studioの企画協力を得て、
弊社の開発により実現いたしました。

今後はデザインや機能を拡張し、ユーザーにとってより便利なサービスを目指す意向です。

※1 2004年11月11日設立。主要事業はSEO対策ソフトの開発・販売、
 ホームページ売上アップコンサルティングを主要事業としています。
 株式会社 EC studio  所在地:大阪府吹田市内本町2-22-9 
 URL:http://www.ecstudio.jp/

※2 Oh!Fey miniは、ソーシャルブックマーク検索サービス「Oh!Fey」
  (2007年3月13日にカヤックよりリリース http://ohfey.com/ )の
  ブログパーツ版です。

【会社概要】
社名:株式会社カヤック
URL:http://www.kayac.com/
所在地:神奈川県鎌倉市小町2-12-37鎌倉モンテビル3-B
設立:2005年1月21日
代表者:柳澤 大輔
事業内容:各種インターネットサービス


【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社カヤック  松原(まつばら) 鈴木(すずき)
TEL : 0467-61-3399  FAX : 0467-61-3398 Mail: promo@kayac.com

プレスリリース「アドアチーブ株式会社」

http://www.value-press.com/pressrelease.php?article_id=17149&php_value_press_session=d70a6921a2bdd3fe5bcff3c395b432fb より転記

会社名/団体名
 アドアチーブ株式会社

カテゴリ
 情報・通信

プレスリリース配信日時
 2007年09月03日 18時

プレスリリースタイトル
 賃貸不動産会社向けのホームページ作成システム『不動産賃貸 Web Planner』を発表。

プレスリリース要約(全角150文字以内)
 賃貸不動産会社向けに不動産賃貸物件を簡単に登録することがでる不動産賃貸物件検索サイト作成システム『不動産賃貸 Web Planner』を発表した。SEO対策機能にも優れたこのシステムで作成するホームページに期待が高まる。

プレスリリース本文
 アドアチーブ株式会社(所在地:大阪市中央区 代表取締役 中野由仁)は、賃貸不動産会社向けに不動産賃貸物件を簡単に登録することがでる不動産賃貸物件検索サイト作成システム『不動産賃貸 Web Planner』を発表した。SEO対策機能にも優れたこのシステムで作成するホームページに期待が高まる。

今回 発表する不動産賃貸 Web Plannerは、次のとおりである。
http://www.xn--ihq79i19xvwkpw2a4ba.com/



■製品・サービス詳細
不動産賃貸物件検索サイトと言えば、通常大手企業が運営するポータルサイトが代表的。大手ポータルサイトに賃貸物件を登録すれば、圧倒的な集客力により大きな広告効果を期待することができるだろう。

今回発表の『不動産賃貸 Web Planner』(月額49,800円)、独自ドメインで自社サイトを作り、運営しましょうというものだ。集客の部分に関しては、SEO対策を重視。豊富なSEO機能で、検索エンジンの検索結果で上位表示を実現できるようにサポート。さらに、システム利用者が、登録する物件は、同社が運営するポータルサイト「賃貸で賃貸.COM」(平成19年9月15日~)に全て掲載されるというサービスも魅力的だ。

1ヶ月間の無料試用期間もあるので、まずは一度使ってみると良いだろう。



■特徴
□WEB標準XHTML+CSS
 SEOを考える上でXHTML+CSSによるサイト構築は欠かせません。システム開発段階からSEOを見据え検索エンジンに適したサイト構造にこだわりました。

□METAタグ入力機能
 Yahoo!SEOに効果的なMETAタグ。METAタグに上位表示させたいキーワードをお客さま自身で、ご入力していただくことが可能です。

□sitemap.xmlを自動生成
 GoogleのウェブマスターツールやYahoo!のSite Explorerを利用し、全てのページを登録申請しましょう。各検索エンジンと相性が良いサイトにすることが可能です。

□ror.xmlを自動生成
 MSN対策として、ror.xmlをも生成します。クロールを促し、MSNと相性が良いサイトにすることが可能です。

□ソーシャルブックマーク対策
 SEOという観点でも、ソーシャルブックマーク対策は重要です。ワンクリックでブックマークしてもらえるように主要なサイトへのリンクを設けました。

□検索エンジン登録でリンクを獲得
 被リンク数を増やすため、検索エンジンへの登録を行います。検索順位に大きな影響を与えるリンク対策にもお応えして参ります。

□アクセスログ解析設置機能
 GoogleのAnalyticsをはじめ、アクセスログ解析を設置しやすい設計を採用いたしました。専用入力フォームにコピーペーストでアクセスログ解析を設置いただけます。

□検索順位を毎週メールで報告
 お客さまと共に上位表示を目指すため、特定のキーワードについて検索順位を毎週メールにて報告させていただきます。

□デザイン変更が簡単
わずか2クリックでデザインを簡単に変更することが可能です。豊富なテンプレートからお選び下さい。

□約1,000件の物件登録が可能
 300MBと豊富なサーバー容量には、およそ1,000物件程度の情報を登録頂くことが可能です。またオプションでサーバー容量の追加もすることができます。

□独自ドメイン(無料)で運用
 お客さまのご希望のドメインでサイトの運営ができます。com・net.infoなら無料でドメインを取得させていただきます!現在ご使用のドメインを移動することも可能です。

□リアルタイムで更新
 管理画面で入力していただいた情報は、すぐにサイトへ反映されます。すぐに公開したい物件情報や、すぐに消したい物件情報もスピーディーに更新されます。

□独自カテゴリ機能で物件を自由分類
 お客さま自信でカテゴリを作り、自由に物件の分類をすることができます。例えば、「ペット可物件」と作れば、専用のぺージが簡単に作成できます。

□RSSも発信します
 RSS機能で、更新する度に情報を発信することができます。RSSリーダーの普及も進んでおり、嬉しい機能の一つです。

□物件検索結果に地図が自動的に表示
 物件を検索した場合、各物件の地図を自動的に生成します。(この機能は19年11月より掲載の予定です。)

□物件情報の共有機能で登録作業も楽々
 複数の店舗で、当システムを利用し、複数のサイトを運営する場合に、一度入力した物件を共有させ、一度の入力で複数サイトへの掲載を可能にします。

□フリースペースで各ページに独自性
 フリースペース機能を使えば、各ページに自由な内容を盛り込むことができます。フォーマットに収まらない内容は、この機能で訴求することが可能です。

□フリーページで自由なコンテンツ作成
 フリーページ機能を使えば、自由なコンテンツ作成が可能です。追加したいページがあれば、どんどんページを増やしていくことができます。

□HTML入力にも対応した柔軟な管理画面
 フリースペースは、HTML入力にも対応。少しのHTMLの知識があれば、デザインの自由度を大きく向上させることができます。

□各物件の写真を最大11枚掲載できます
 外観写真・間取り図に加え、自由に9枚まで写真を掲載することができます。写真をたくさん掲載できるので、十分な物件紹介が可能です。

□検索性の高い条件検索
 間取り・設備・価格・目的・駅近・カテゴリからと、ユーザーに便利な様々な物件検索機能が装備されています。

□フリーワード検索
 更に便利な検索機能として、自由なキーワードで検索することも可能です。目的の物件を最短の時間で検索することができます。

□日本全国の全ての路線検索に対応
 日本全国の全ての路線を予め登録しております。日本全国のどの地域のお客さまにも安心してご利用頂けます。

□検索結果を並べ替えることができます
 物件の検索結果を更に並び替えることができます。ユーザーの利便性にとことんこだわり、目的物件への検索性を高めました。

□検索条件を保存することができます
 ユーザーが一度設定した検索条件を保存することができます。ユーザーの手間を抑える工夫が、再訪問者を増やすことに繋がります。

□お気に入り物件を友達に紹介
 気に入った物件は、メールアドレスを入力するだけでお友達に送ることができます。もちろん自分にも送ることができる便利な機能です。

□気に入った物件は、お気に入り登録
 気になる物件は、お気に入り登録することができます。複数のお気に入り物件を登録してれば、後からじっくり比較検討していただくことができます。

□物件はまとめてお問い合わせ
 ユーザーがチェックを付けた物件は、ワンクリックでお問い合せしていただける仕組みを装備していますので、ユーザーに優しい設計となっております。

【アドアチーブ株式会社とは】
-----------------------------------------------------------------
インターネットとデザインで「ビジネスサービス」を展開。
日常のビジネスシーンで使用する様々なツールを一式任せることができる。
-----------------------------------------------------------------
<同社の運営サイトの紹介>
■ロゴマークの作成:   http://www.ac-logo.com/
■社章のデザイン・作製: http://www.ac-badge.com/
■封筒のデザイン・印刷: http://www.xn--kets24e.net/
■会社案内の作成:    http://www.ac-profile.com/
■便箋のデザイン・印刷: http://www.ac-letter.com/
■名刺のデザイン・印刷: http://www.ac-card.com/
■リーフレットの作成:  http://www.ac-leaflet.com/
■チラシの作成:     http://www.ac-print.com/
■DM・ポストカード:   http://www.ac-postcard.com/
■紙袋のデザイン・印刷: http://www.ac-pack.com/
■イラストの作成:    http://www.ac-illust.com/
■不織布バッグの販売:  http://www.ac-bag.com/
■紙袋のデザイン・印刷: http://www.ac-pack.com/
■オフィスデザイン:   http://www.office-ac.com/
■重要書類ファイル作成: http://www.ac-file.com/
■不動産契約書ファイル: http://www.basic-b.com/
■クリーンルームウエア: http://www.ac-uniform.com/
■作業服・作業着の販売: http://www.c-f.jp/
■グラフィックデザイン: http://www.a-ac.jp/
■横断幕・懸垂幕:    http://www.ac-sign.com/
■SEO対策・SEM対策:  http://www.seo-check.biz/
■WEBマーケティング:  http://www.web-check.biz/
■リンク集のご案内:   http://www.link-check.biz/
■検索キーワード対策:  http://www.keyword-check.biz/
-----------------------------------------------------------------

【本件の連絡先】
□Tel.06-6281-5103
□ Fax.06-6281-5103
□e-Mail:info@a-ac.jp
□URL:http://www.a-ac.jp/
□住所:〒541-0058 大阪市中央区南久宝寺町3-2-7 第一住建南久宝寺町ビル7階
 地図で確認→http://www.adachieve.com/maps/
□広報担当:田原            以 上
プロフィール

HyperTurbo27

Author:HyperTurbo27
FC2ブログへようこそ!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

印刷画面(ボタン付)
by genshoku
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。